・ネフェルティティ
 Nefertiti(Matagot:2008)


ネフェルティティ


独特の雰囲気があるボードやカード。
ずっと気になっていたんですが、3人〜のゲームはどうしても稼働率が低く・・・
自宅ゲーム会でようやくプレイとなりました。
トド吉・侍・私の3人でプレイ。

ひたすら市場で宝飾品を買いあさっていき、高得点を目指すゲームです。
ただし、お金が厳しいです。
ゲーム開始時に開かれている市場は3ヶ所。各自手番ではコマを置いていきます。
このコマを置くときに、どこへ置くかが重要です。
マスに書いてある数字分、代金を支払わなければならないからです。
市場には閉鎖条件があり、条件を満たすと即座に閉鎖され処理を行います。
ネフェルティティ一番高額な入札をした人は、一番上のマーカーがのっているカードを1枚購入するか、下の段2枚を購入するか選べます。
このマーカーは、特殊カード(色々な職業)と交換することができるし、使わずに持っていれば最終得点計算の時に3ポイント分のポイントになります。
宝飾品は同じ物を持っている人数によって、ポイントが変わります。
もちろん、独り占めすれば1人だけ点数を得ることが出来ますが、たいてい邪魔されます(笑
1番目の人が処理を終えたら、2番目に高額で入札していた人の処理になります。
この時、宝飾品を買うか市場にあるお金を半分もらって(端数切り上げ)帰るが出来ます。
お金が本当に苦しくなって、1番目の人が高額入札していたら、お金をもらうのも有効な手段だと思います。
実際、1人がお金を握ると他の人にお金がいきわたらなくなります。
市場が閉鎖されると、今まで閉鎖されていた市場が開きます。
最後の終了カードが出てきたら、手番をやってゲーム終了。
ゲームはシンプルですが、かなり悩ましいです。
特にマーカーと交換できる職業が強力です。
侍が1人だけ先に宝飾品を得点にかえてましたが、最後までかなり影響がありました。
他の人が宝飾品を持っていない段階で、高値の宝飾品をポイントにかえられると入ってくる点数が違います。
私は先着順でかいそびれたので、盗賊をとりました。
閉鎖した市場からマーカーがのったまま売れ残った宝飾品を盗めました。
どのタイミングで特殊カードを取りに行くかも重要です。
結局最後まで侍の独走を止めることは出来ず、珍しく侍の勝利(笑
インストにかけた時間とプレイした時間が、そんなに変わらないというさっくりゲームです。
ボードやカードに雰囲気が出ていて、かなり気に入りましたw

SPONSORED LINK