・チーキーモンキー
 Cheeky Monkey(Face2Face:2008)


チーキーモンキー


袋から動物を引き集めていくお手軽ゲーム。
トド吉と2人でプレイ。

場に動物のタイルが並んでいます。
このタイルには、それぞれの動物がどのくらいの数いるかが書かれています。
ゲームは簡単で、袋から動物(チップ?)を引くだけ。
同じ動物を引いてしまうとバッティングで、それまで引いた動物をすべて袋に戻します。
プレイ中、自分が引いた動物が他の人が既に取得している動物と同じなら(獲得した動物は自分の前に積まれています)、それを奪うことが出来ます。
猿は一番数が多いですが、猿を引いた場合、他のプレイヤーが既に獲得した動物と交換することが出来ます。
猿と交換しておいて、後から猿を再び引いて、交換しておきながら奪う感じです。
最終的には、各動物で多く持っていた人が、ボーナス点がもえます。
自分が獲得した動物1匹あたり1点、最多だった場合にプラスしてボーナス。
ところが・・・意外とかぶるんです。

よし!きりんだ!違うのこい!

きりん!?

という感じで、なぜか数の多い猿がかぶらず、他の少ない動物がかぶるんです。
象は3つしかないので、2つおさえれば勝ち。
相手の象が欲しくて猿を狙っても、数が多いはずなのに猿が出ない。
そうこうしているうちに、違う動物がかぶってバースト。
この繰り返しでした。
簡単でわかりやすいので子どもでもプレイできますが、妙に熱くなります(笑
特には少数の動物で撤退するのも安全策なのはわかりますが、やっぱりとことん引きたくなるのですw

SPONSORED LINK