・キーラルゴ
 Key Largo(Tilsit:2005)


キーラルゴ

Tilsit祭りの最後はこのゲームを。
以前吹上会でUS版をプレイしましたが、今回はTilsit版。
トド吉・侍・私の3人でプレイ。

今回は3人プレイということで、バッティング率が下がるかな?と思っていたら
常に全員が同じ方向を向いているので、なぜかバッティングだらけに。
私はひたすら浅瀬にもぐり宝物を集めますが、トド吉は早々にホースをつけてやや深みに。
続いて侍もやや深みにいったのを見て、私も急ぎホースの買出しに(笑
今回はなぜかたこ遭遇率が高くて、ひどいものでした。
物を売るタイミングとか狙って高値で売りたいのもあり、ひたすらカードをためこんでいく。
酒場へはトド吉が1回行ったきりで、他に使う人が皆無(笑
ひたすら全員潜って宝を取るの繰り返しになりました。

最後の最後、残り手番で「たこと遭遇してもいいや」と潜水開始。
なんと手持ち2人ともがたこに遭遇(2枚ともたこ)で、何もとれずに終了(爆
あまりにたこ遭遇率が高くて、若干哀れみの目で見られましたw

やっぱりこのゲーム楽しいですねぇ。
3人だと宝物取り競争になりがちですが、たこが邪魔をしてきます。


キーラルゴ


キーラルゴ


定例会の最後は、私のリクエストでこのゲーム。
ずっと気になっていたので、うれしかったです。
4人でプレイ。

バイトしたり、酒場で情報もらったりしながら
潜りお宝を探しては売りさばいてお金を稼いでいくゲーム。
期間は1週間。
ゲームの手順は簡単なのですぐ理解できましたが、基本はバッティング。
しかもバッティングの仕方によって、利益が得られたり損をしたりと
なかなか読み合いが多いゲームでした。

とりあえず、軍資金がなければ海へ潜るといっても浅瀬だけ。
まずはバイトだ!ということで、バイト。
その後みんなは海へ出たりホースを買いに行ったんですが、私はとりあえず人を雇う。
逆に言えば、他の人が前半で人を雇ったので、安く雇える。
一手ずらしたので、海に潜る時も宝を売る時もバッティングしなくて悠々自適(笑
他の人がホースを使ってさらなる深みへ宝を取りにいっているのに、私は浅瀬で遊んでいました。
ある程度お金がたまってくると、そろそろ装備が欲しくなる。
そこで、装備を買いにいくも、ここでもバッティングせず持ち金でホースを買いあさる(笑
するとシヴさんが「ホース品切れの危機!?」と言い出し
ここでようやく品切れだと深いところへ行けないことに気付く(笑
狙ったわけではないけど、市場からホースが品薄状態に。

ようやく真ん中の深みへいけるようになり、宝をとってみると
確かに浅瀬では見れないような数の宝がざっくざく。
ここで、宝石カードを運良くゲット。
ところが、最深部のカードではなかったので、誰にも警戒されず(笑
トド吉は最初から酒場をよく利用していました。
そのおかげで、2枚続けてモンスターをよけていたので、がんがん宝を取りに行くときは必要なんだなぁと。
地道に宝石をためて、高いときに一気に売り、何とか小金を稼いだところでゲーム終了。
最終日の後半に、バイトに集中して行ったのがかなり笑えました(笑
2枚宝石カードを残しておいたので、ほくほく気分だったんですが、トド吉の成金にはかなわず(笑

軽いゲームだし、何よりほかの人を気にせず潜りにいくのもいいし、ひたすら地道にプレイするのも楽しいので、かなり気に入りました。
しかもラウンド数が決まっているので、長引かなくていいです。

SPONSORED LINK