・【8BIT BOX】ピクソイド
 8Bit Box : Pixoid(IELLO:2018)


ピクソイド

逃げるピクソイドを捕まえるのを目的としたボードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

テーブルに回路ボードを並べ、外周にはスクリーン枠をセットします。
各プレイヤーは自分の色を決め、コントローラーとキューブを持ちます。
このゲームでは、全員が1回ずつピクソイドになります。
ゲームはプレイヤー数のラウンドを行い、各ラウンドは最長12ターン。
各ターンでは、自分のコントローラーで移動方向と歩数を決める秘密プログラム、実際に移動する移動、ラウンド終了判定をする得点の順で行います。
ピクソイドが12個のキューブをリザーブから取る、もしくはバグがピクソイドを捕まえたらラウンド終了。
得点を計算したら、再びセットアップをし、新しい人がピクソイドを担当してゲームを続けます。
全員が1回ずつピクソイドを担当したらゲーム終了。
もっとも得点の高い人が勝者になります。

SPONSORED LINK

今回は3人プレイなので、使わないコントローラーを交互に担当します。
そして、ピクソイドは私で、ショートゲームを採用。
ショートゲームは外周の得点トラックは使わず、ラウンド1回の勝負。
最初に決めておく大切なことは、移動方向の矢印はどう処理するか。
いやほら、ローゼンケーニッヒ問題があったのでw
今回は普通に見たまんまの方向で。
ピクソイド
スタート位置を確認したら、どっちの方向に逃げようか考える。
全員が移動方向と歩数をセットしたら、コントローラーオープン。
まずはピクソイドの移動。
自分のキューブを移動させて終了。

続いてバグたち。
バグは全員同時移動なので、それぞれ自分のを移動させて、2台持っている人だけもう1人分。
まぁ、最初は間を詰めてくるよね。
私は逃げなきゃいけないので、逃げる方向と歩数だけチェック。

(こっちへきてもまだ逃げられるな・・・)

目で追いすぎると方向がばれるので、きょろきょろしつつ歩数を数えるw
そして、一斉にオープン。

「上に5歩」
「えぇ!!そっちー!?」
「逃げるのうまいなぁ」

逃げるのは得意。
でも追いかけるのも得意。
つまり、自分の実体力を使わない追いかけっこは好きw

ピクソイドは、1ターン逃げ切るたびにキューブをもらえるのです。
このキューブは12個あるので、最後まで逃げ切れば12個全部で12点。
さらに移動中、ボード上で拾った汎用キューブが1個1点。
そう・・・逃げているだけで得点が入ってくるのです。
対してバグたちは、リザーブに残ったキューブが得点。
今回はショートゲームなので、ピクソイドがストックと汎用キューブを合わせて12個獲得すれば勝ち。
捕まったらバグの勝ちというシンプル判定。
だからこそ、ボード上に落ちてるキューブも必要なのです。
ピクソイド
途中、一気に逃げ込んで余裕を見せたピクソイド。
こうなると、周りを囲まれるのはわかっている。
だったら、キューブ12個だけ確保できれば勝てる。

それにしても、回路がかなり込み入っているので、なかなか一気に逃げられる機会がない。
もっとも追いかける側だって、一気に間を詰めてくるんだけど。
ピクソイド
最後はもう逃げきれない状況になり、ピクソイドが捕獲される。
気になるキューブの数は・・・12個いってない!

「よっしゃー!」

バグたち勝利w

某ゲームを思い起こすような感じ。
そういうコンセプトでつくっているんだろうけど、やっぱり何となくだるいよね。
ボードを見て、歩数を考えて、コントローラーにセットして、のところでダウンタイムが発生するし。
電源ゲームで遊ぶには、即処理で楽しいんだけど。
でもコントローラーを持ってセットするという動作は、それはそれで楽しかった。
この感覚を共有出来る人たちで遊べれば、の話だけどw



新品ボードゲーム8BIT BOX 日本語版 (8BIT BOX)
駿河屋