・ビザンチン(ビザンツ)
 Byzanz(Amigo:2008)


ビザンチン


今月の頒布会で手に入れたゲーム。
実はそれより前に水曜の会でプレイさせていただいた。
5人でプレイ。

感触的にはカッツェンジャマーブルースに似てるかも。
手札を使い、場に売りに出てる材料を買い込み、それを得点にしていく。
得点にする際、カードは3枚の中で一番大きい数字が描かれているもの1枚を得点として、あとは捨て札。
順番に競っていくけど、どこでおりるかも重要。
もちろん、一番高値で競り落とした人は好きなものを選べるけれど、カードを購入する際、手札から1枚場に支払う。
なので、あまり高値で競り落とすと得点に結びつかなくなったりする。
私はひたすらおり続けてみた。

競りから一番最初に脱落しても、競りにお金として使われたカードを一番最初にもらえるから。
しかも使われたカードは種類別になっているので、そのまま得点に結びつく形になっている場合も。

このゲームにもジョーカーは存在して、どのカードとしても使える上に、3枚で5点と高得点。
でもなかなか3枚揃わない。全員が欲しがるので、競りから一番におりている私に回ってくるはずもなく(苦笑
常に得点を作り手札を少なくしておいたけど、ゲームの勝者は出来るだけカードをためこみ、ジョーカーをジョーカーとして使い高得点を出したトド吉だった。

軽くてあっさりしたゲームなので、何ゲームか続けてプレイしても苦にならないし、初めてのプレイでもプレイしやすい。
小箱なので持ち運びもしやすいし、私の中ではかなり好印象。

SPONSORED LINK