・ごいた(カード版)
 Goita(GRIMPEUR:2007)


ごいた

ゲーム会の最後に時間が少しあったので、4人いるからごいただ!ということになり
ゲームマーケット以来のごいたとなりました。
抽選の結果、シヴさん・私対トド吉・侍組でゲームスタート。

手札を見る。
何となく勝てそうな気がするけど、どうやれば一気にいけるのか思い出せない。
ゲームマーケットの時にいた、保存会のダンディーズが絶対に必要。
ゲームの流れは覚えていたので、前の人が出したものを出して、
相手が持ってなさそうなカードで切り返す。
とりあえず黙々と出していき、私の勝利。
そこであがり点の重要さを知る。
カード版だと、カードに色々描いてあるので便利。
「馬」を「ばっこ」と読むのもこの時に知る。
そう考えると、ダンディーズが言っていたことがちょっとだけわかるように。

次も私が勝ち、さすがに3回目は侍が追い討ちをかけてきて、
その時に「し」と「香(だったかな?)」は王で返せないのを知る(笑
とりあえず、あけると常に手札には「王」。

4回目、あけてみるとなにやら一気にあがれそうな気配。
あぁ・・・ダンディーズ欲しい。
ここは一気に点差を広げてやろうと思い、応戦。
今日初めてシヴさんに向けて念を送る。

「し」はだめだ!何かにかえて!

これが通じたのかどうかは知らないけれど、シヴさんが見事「し」を返してくれたw
最後は王でかわして金あがり。
点差は100点。
ここで時間になったので終了。
120対20で我がチームの勝利wwww

4回プレイして、3回「じゃ、はじめるよ〜」と私が言いました(笑
今回ので何とかわかってきた感じ。
やっぱり面白いです、ごいたは。