・アッティカ
 Attika(Hans im Gluck:2003)


アッティカ

自分の都市を繁栄させるゲーム。
繁栄というより、勢力拡大。
スタート時の位置より反対側の神殿まで早く到達した人の勝ち!

なんだかタイル運に恵まれず・・・
引いても引いてもコストを支払わないと、建物が配置できない。

むーん

ちらっと横目でトド吉を見たら
すでに私の領域まで進出してきている。

え?これ終わっちゃう?

全力で阻止。
とにかく、タイルをめくるけど
新しいゲームボードを出さない為にも最後の1枚は残すw
ようやくコストが少なくてすむように、自分の都市ボードが賑やかになってきたので
配置、配置、ひたすら配置。
難しいのは、どれを配置するか。
特に道のコマは少なくて使えない。
それでもトド吉と哲を阻止しなきゃいけない。
二兎を追うものは一兎も得られない。
ということで、一旦分断しておいたトド吉を放置して、
哲を全力で阻止。
哲はすでに自分のコマを都市ボードに配置しているので
新しいゲームボードを出せない。
そこを逆手にとって、自分の周りを固める。

ただ・・・
そんなことをやっている間に、トド吉が新しいゲームボードを1枚だし
道コマで走ってきて終了。

む・・・難しい。

SPONSORED LINK