・タワー・オブ・マッドネス
 Tower of Madness(Smirk & Dagger Games:2018)


タワー・オブ・マッドネス

異世界へのゲートを封印して、人類を救うボードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

ゲーム開始時にタワーを組み立て、忌まわしきものを差し込みます。
タワーの中には色によってタイプが違うマーブル(ビー玉)を入れます。
ゲームはラウンド制で、各プレイヤーが1手番ずつ実行したら次のラウンドへ。
手番では、場所を探索としてダイスを振ります。
ダイス目の1から3を1個ずつ揃えることが出来れば成功。
ラウンド終了時に、成功した人の中で、残り2個のダイス目合計の高い人が、場所カードを獲得します。
失敗した場合、タワーから忌まわしきものを1本選んで引き抜きます。
落ちてきた破滅マーブルは、自分の記録ボードに置きます。
ラウンド終了時にスタートプレイヤーを次の人に移動します。
勝利条件は2つ。
破滅マーブルが3個落ちる前に、最後の場所カードの探索に成功した場合、発見ポイントの合計がもっとも多いプレイヤーが勝利。
正気を失ったプレイヤーが、破滅マーブルの3個目を落としたら、その人の勝利。
それ以外はプレイヤー全員の敗北です。

SPONSORED LINK

タワーを組み立てて、に緑のタコ串を差していく。
終わったら、中にビー玉をいれる。
間違って落ちてきたビー玉は、再びタワーの中へ戻す。

「さーて、クトゥルフ危機一髪はじめるよー!」
「え?本当にそうなの?」
「だいたいそう」
タワー・オブ・マッドネス
タワーから、忌まわしきもの(というかタコ足)がうようよと出ています。

私が担当するキャラは『ジョニーハリス』。
彼は自分が獲得した発見(青)のマーブルが1個5点になる優れ者。
狙っていきますとも!

手番ではダイスを振るだけ。
振っては1個確保して、また振り直し。
とりあえず呪文カードがもらえる5のゾロ目は確保。
再び振り直して、1と3は確保。
タワー・オブ・マッドネス
最後はなんと5が出て失敗。
この1から3が揃わないと、タコ足引っ張る『クトゥルフ危機一髪』状態になるのです。
タワー・オブ・マッドネス
引いたところで何も起こらず。
せめて1個くらいビー玉出てくれてもいいのに。

いたるさんが青いビー玉をごっそり出して、私に「それよこせー」と言われたりw
私のキャラはゲーム終了時、青のビー玉は1個5点になるんだからそりゃ欲しい。
集めないわけにはいかないのに、タワーからそんなに出されては難しくなる。
でも集まっていくのは、いたるさんの手元。

正気を失いたくないので、みんなで狂気の赤を押しつけ合ったり。
そんな中、タコ足を引っ張った私。
タワー・オブ・マッドネス
「あぁ!?これが緑!?世界が滅亡するやつ!!!」

なぜ青が出ない!
呪文カードをもらうも、なかなか使うチャンスがこない。
6のゾロ目で場所カードを狙うも、後勝ちなのですぐに上書きされてしまう。
2人が得点にもなる場所カードを獲得している中、私だけ集めるのはタコ足。

「これさー、いっそ狂ったほうがよくない?」

トド吉がそんなことを言い出したのは、私が世界滅亡への緑を再び出したから。
そこからは、2人とも早く狂気を集めたくて必死にタコ足を狙ってくる。
私は普通に発見の青が欲しい。

そして、ゲームは突然終わるのです。
ダイス目が言うことを聞かず、揃わない。
そして、タコ足を選んで一気に引く。
タワー・オブ・マッドネス
あ・・・あぁ!?

「あ、世界が滅亡した・・・」
「なんで私だけ緑出ちゃうのー!」
「間に合わなかったー!」

こうして世界は滅亡し、誰も正気を失っていない上に、正気の私が出してしまったので勝者なし。
むしろ、全員敗北!
タワー・オブ・マッドネス
私が引いたタコ足がいっぱいw

うーん・・・見た目は最高。
タコ足引いて、ビー玉が出てくる時は興奮するw
でもこれで、国内流通価格が9,000円こえてるんですよねぇ。
さすがに出オチ感は否めないので、率先して薦められない。
すべてわかった上で遊びたい人には薦めますw

新品ボードゲームタワー・オブ・マッドネス (Tower of Madness)
駿河屋