・オシリスへの船出
 Sailing Toward Osiris(Daily Magic Games:2018)


オシリスへの船出

ファラオの魂がゆっくり進んでいくナイル川沿岸に、記念碑を建設して得点を獲得していくボードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

大きなボードには、ナイル川と沿岸の農場やレンガ製造所、石切り場、都市が描かれています。
各プレイヤーは自分の衝立、恩恵カード、都市カードを受け取り、衝立を自分の前に立てます。
ゲームは4つの季節に分かれていて、各季節は第1章から第4章まで行います。
第1章では順番に袋から労働者コマを引き、第2章ではプレイヤーが実際に、10通りのアクションから1つを選んで実行していきます。
第3章はプレイヤー間の話し合い、全員が撤退したら第4章で次の季節の準備を行います。
4つの季節終了後、ファラオの魂を乗せた船がオシリス神殿へ到着し、第5章として得点計算をします。
もっとも得点の高い人を新たなファラオとし、ゲームの勝者になります。

SPONSORED LINK

各季節=ラウンドで、各章=フェイズ。
そんな覚え方が一番わかりやすいと思う。
特に第3章なんて、ゲーム中の注意事項というか。
プレイヤーはいつでも話出来ます的なことが書かれているという。

まずは最初の季節。
順番に袋から労働者コマを引いていく。
労働者コマには技能レベルが高い熟練労働者コマがあります。
通常、労働者コマは、船がある川区画か通過した川区画でアクションを実行します。
ところが、この熟練労働者は、まだ船が到達していない場所でもアクションが出来るのです。
当然、袋から引く時に力が入る。

「パンツ!パンツ引け!」

「パンツこい!」

「パンツ引けねー!」

パンツというのはこれ。
パンツ
なんだか白いパンツに見えなくもない(失礼)
もし引けたとしても内緒なわけでw

そしてメインとなる第2章のアクション。
1アクションずつ時計回りで続けていくのです。

「まずは資源だよね」

「そりゃそうだよね」

「ちょっと!私の場所ないよ!」
ゲーム序盤
3人プレイだと、最初から塞がれている地形があって、通常なら4〜5個入手出来る資源が、2個だったりするのです。
しかも労働者コマは置ける場所が色で決まっている。
何も出来ない・・・そんな時は、

「パンツ置くわ」
「パンツ!」
「パンツ持ってたのか!」

さっさと資源を回収し、何か建設出来ないかな?と思って見ても、まだ資源が足りない。
早々に撤退して、次のスタートプレイヤーを取りにいく。
最後手番はダメだ!

と思ったけれど、私が撤退したことで、残りのトド吉といたるさんがのんびりアクション。
これを見学していて、カードの存在を思い出したり・・・早まった。
プレイ中

季節が進むごとに、記念碑が建設されて場所が狭くなってくる。
こうなると、手番は早いほうが良い気がする。
先に、両方とも空いている場所に労働者を置いて、まずは資源確保。
建設出来る記念碑は3種類で、オベリスク・スフィンクス・塔門。
得点が高いほうが、よりコスト高。
しかも誰かが計画してしまうと、同じところはすぐに使えない。
早くどいてくれないかなーと思いつつ、他のアクションを選ぶ。
プレイ中
そして空いたと同時に、すかさず取りにいく。
さらに記念碑は、直線3個でボーナス点が入ってくるので、場所取りも大切。
せっかく良い場所を見つけて建てたと思ったら、横を取られてしまったり。

「あー!ひどいわ!ひどいわぁぁぁぁぁ!」
「いやだって、建てたかったんだもん」
「あっち邪魔しなよー!」

こういうことはよくある。
ただし、邪魔をするか自分の道を走っていくかは、どちらが強いかはわからない。
気付いたら、トド吉が大量の記念碑を建てていたことぐらい・・・

パンツを袋からよく引いたおかげで、資源は順調にたまる。
ところが、ストックから枯れる。
このゲームでは、ストックにないと入手出来ない。
誰かが建設計画を立ててくれないと、資源がストックに戻らない。
これを待っていると、先に良い場所を取られる。

・・・悩ましい!悩ましすぎる!

特に後半になると、出来るだけストックを枯らせてしまおうという意識になる。
自分だけが持っていればよし。
こういう時に役立つのが都市カード。
ストックではなく、市場や他の場所から取れるカードもある。

仕方がないので、恩恵カードで労働者がいるところに建設。
2個置いてしまえば、残り1ヵ所は誰もこないだろうという甘い考え。
誰だって、ボーナス点欲しいもの。

そして、あっという間に最後の季節。
すべての記念碑を建てきってもボーナスが入るけれど、レンガが2個足りない。
スフィンクスを建てきり、オベリスクも狙う。
建設計画が空くのを待ちながら。

終盤
この頃になると、全員が一斉に建設をはじめたので、ストックには資源が溢れる。
まぁそうだよねw
さっきまでの資源枯れの苦しさよ、さようなら。
そして盤面はすごく賑やか。
私のラクダは暇していたので、オベリスクにのせて手番を待つ。

資源の確保が望めなくなり、最後でも一番の撤退。
残り、トド吉といたるさんもやれることがなくなり季節終了。

そして第5章、得点計算がはじまる。
とはいえ、スタートプレイヤーばかり取りすぎて、どうにもダメ。
思ったよりは健闘したけれど、建物をばらまいたトド吉がぶっちぎり。
トド吉が新たなファラオになったのでした。

終わった後、このゲームはそこまでコアじゃない人にゆっくり遊んで欲しいかも?という話に。
やれることは確かに多めで、インストの時も

「あのさー、アクション多いからよく聞いて!」

と言われたのに、最初の季節で撤退してから忘れてたアクションを思い出したりしたw
でもまぁ、1季節が終わる頃には頭に入るし、各アクションを自分で組み立てていかなきゃいけないし。
そこが長考しやすいというか、どうしても考えこんでしまうところではあるけれど。
正直、今はまったく流行らないんだなぁと。
オーソドックスなボードゲームという感じだからこそ、このまま話題にならずに消えていくのかなぁ?と話していました。
ちょっと前だったら、良いゲームって言われたんだろうなぁとか。
箱に書いてあった60〜90分は嘘でした。
ラクダ
あと、ラクダコマがかわいいですw



新品ボードゲームオシリスへの船出 (Sailing Toward OSIRIS)
駿河屋