・ディノワールド
 Dino World(HABA:2017)


ディノワールド

より大きい恐竜を使い、上手に狩りをして得点を獲得していくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

各プレイヤーは、恐竜カードのセットとマーカーを受け取ります。
一番小さな恐竜カードをテーブル上に広げ、狩り場をつくります。
手番がきたら、持っている恐竜カードから1枚選び、ゲームの箱を立てます。
立てた箱の上にカードをのせ、指で押し出します。
押し出したカードの着地点をチェックし、より小さい恐竜の上にのっていればその恐竜をすべて獲得。
テーブルから落ちた場合、使った恐竜カードはゲームから除外されます。
そして、次の人の手番へ。
これを繰り返し、全員自分の恐竜カードを狩りに出したらゲーム終了。
それぞれ獲得した恐竜カードの枚数を数え、もっとも多い人が勝者になります。

SPONSORED LINK

テーブルに一番小さい始祖鳥を並べたら、いざ狩り合戦開始。
箱を立てて選んだ恐竜をのせ、指でそっと押し出し・・・

「あぁ!?」

力が足りなかったのか、そのままひらひらと着地。
当然何も狩れず。

それを見ていたトド吉が、笑いながら自分もやってみると・・・
ディノワールド
「えぇぇ!?」
「はっはっはっはっは!」

同じように宙を舞って着地。
意外に力加減が難しいぞ。
狩りの回数は決まっているので、1回だって無駄にしたくない。
お互いの実力が同等なら、焦ることもないけれどw

より小さい恐竜を狩れるなら、ちょっと大きめだっていいじゃない。
一攫千金狙ってカードを飛ばす。
ディノワールド
「うひょー!」
一気に3枚獲得。
これはいい!

トド吉もまねしてみたけれど、あえなくテーブルの外へひらりひらりと飛んでいってしまう。

「あー!」
「はい残念。ゲームから除外ね」

微妙な力加減を何となく感覚で覚え、残りの狩りはがんばる。
そしてお互いに手持ちの恐竜カードがなくなり終了。
ディノワールド
結果は1枚差で私の勝利。

恐竜は4種類。
恐竜好きな子どもなら、きっと盛り上がれると思います。
もっとも、意外な難しさで大人2人でも十分盛り上がりましたw