・3×8(スリーバイエイト)
 3 x 8(Amigo:2018)


スリーバイトエイト

誰よりも早く自分の前にカード列をつくっていくゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

ゲームの目的は、自分の前に昇順でカードを出して列をつくっていき、1列8枚の列を3列つくりあげることです。
数字カードを裏向きでよく混ぜて山にし、各プレイヤーは4枚ずつ引いて最初の手札にします。
場には3枚のカードを公開します。
ゲームはスタートプレイヤーから順に、手番を行っていきます。
手番で出来るアクションは、3つの中から1つ。
カードをプレイは、数字カードを自分の前に出し、最後に手札を補充します。
手札を増やすは、公開されている3枚を捨て札にし、新たに3枚公開してから1枚選んで手札に加えます。
ブロッカーカードをプレイするは、任意のプレイヤーの列にブロックカードを1枚置き、カードを出しにくくし、最後に手札を2枚補充します。
プレイヤーの前には4列までつくることができ、誰かが3列完成させたら、その人の勝利でゲーム終了です。

SPONSORED LINK

「手札増やすのに見えてるの捨ててからって意味あるの?」
「やってみればわかるけど、これが効果抜群だから」

ほほう。
正直、カードを昇順で出していくだけでしょ?と思っていました。
カードは同じ色なら何枚でも一度に出せて、出した枚数分、最後に補充します。
補充は公開されてるカードと山札の上からのどちらでも。
ただし、列形成する時は必ず昇順で。
手札を増やす方法は、手札を増やすアクションの他に、ブロックカードを使うことで手札が1枚増えるのです。
ブロックカードは色が決まっているので、出せる列をつくっている人がいれば使えるのです。

はじまってみると、見事に手札がばらばらというか、ブロックカードが2枚あって何も出来ないw
仕方ないので、手札を増やす作戦で。
その間にもみんな列形成を始めていて、すごくうらやましい!

それでも黙々と手札増やしを続け、さすがに心配される。

「列まったくないけど大丈夫?」
「仕方ないんだよ!(涙」

そう・・・仕方がないのです。
でもそうこうしてるうちに同じ色が揃ってきて、今に見てろ!と心の中でつぶやくw

そして準備が整った(遅
みんな列が2つ3つ進んでいる。
今からでも追いつけるはず!

「お待たせしました! やっと列をつくる準備完了!」

スリーバイエイト
手札から3枚ずらっと出す。
そして、補充は見えているカードと山札から。
程よく持っているカードにつけられるので良い。

ここから私の逆襲。
まずは、ブロックカードと同じ色のカードが最後尾の人を狙ってブロックカード発動!

「これあげますねー(にっこり)」
「ぐはっ!」

これで手札がさらに増えた。
見えてるカードが欲しいのだから仕方なし。
手札増やすアクションにすると、見えてる3枚が流れてちゃう。

3枚程度ずつ出していくと、再び手札がばらけてくる。
1枚出して1枚引いて。
これだと追いつかない。
見えてるカードに欲しいカードがない、そんな時は・・・

「補充しまーす。ざっぱーん!」
「ぎゃー!」

新しい中から1枚もらう。
ブロックカードを使っていると、逆襲で使われたりする。

(おっと。この列をどうにかするには、隣りの列を重ねるか・・・」

スリーバイエイト
カードをプレイした時に、プレイした列の最後尾からグループで他の列に移動させることが出来るのです。
これでブロックカードを消すのが効果的。
何せ1列8枚なので、4列を効率よく並べて、あとは移動させれば良い。

考えていることが実行出来るようになってくると、かなり面白くなってくる。
というか、面白い。

(あれをこうして、ここへこれをプレイして、補充はあれだな・・・)

すごい勢いで追い上げて、追いつくかという時に、トド吉が3列目を完成させそうに。
手札にブロックカードがないので、普通にカードをプレイ。
ママがブロックカードを出して邪魔をする。

「ナイス!」
「いいねぇ!」

それでもトド吉は負けず。
カード補充で109を持っていったのを見て、終わりが近いことを知る。
そして手番が1周まわって、トド吉が3列目を完成させて終了。
スリーバイエイト
まったく期待していなかったし、アミーゴのこういうシリーズは正直はずれが多かった。
ところがこれはかなりおもしろい。
出せなくても手札を増やすことが出来るし、使った枚数と同じ枚数補充出来るのもいい。
同じ色を昇順でつくって一気に出せれば、8枚を邪魔されずにつくることも出来る。
ブロックカードは誰にもチャンスがあるので、6枚目で止まるくらいなら、4列をこまかくつくって生かしたほうが効率が良い。
4人プレイはかなりおもしろいと感じたけれど、2人だとどうなるのか試してみようと思います。