・空手トマト
 Karate Tomate(Amigo:2018)


空手トマト

数字カードを出して勝負に勝ち、トロフィーを手に入れていくカードゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の3人でプレイ。

各プレイヤーはトマトカード1枚と数字カード5枚を最初の手札とします。
勝利カードをよく混ぜて、裏向きの山にしてテーブル中央に置きます。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドでは準備・試合・勝利を行います。
準備では、そのラウンドで取り合う勝利カードを公開。
試合はプレイヤーが手札からカードを出していき、トマトカードを出した人はカードを補充して脱落。
最後の勝利では、脱落しなかった人が勝利カードを獲得していきます。
誰かがゲーム終了の宣言をするか、ラウンド開始時にめくる勝利カードが足りなくなったらゲーム終了。
得点計算をし、もっともトロフィーを多く獲得した人が勝者になります。

SPONSORED LINK

最初に覚えておくことは、手札の補充。
試合でトマトカードを出すか、獲得した勝利カードにトマトが描かれていないと補充がありません。
手札を出しきったら、絶対にトマトカードを出しているはずなので、そこで脱落すると共に補充が出来る仕組み。
手札次第では、早めにトマトカードを出して脱落することも大切なのです。

とはいえ、トロフィーは欲しい。
そして、トロフィーだけでなくナイフも欲しい。
ゲーム終了時、ナイフの数が一番少なかった人は、その場で脱落なのです。
ほどほどにナイフを集めて他の人を気にしつつ、トロフィーを集める。
なるほど・・・

空手トマト
試合でのカードは、最初に出したカードと同じ種類のカードしか出せない。
最初にブロッコリーを出したら、次もブロッコリー。
勝利を狙う場合には、ある程度枚数を持っている野菜で勝負。
こんなに使ってしまって、次はどうするの?という状況が多い。
トマトカードで補充する時は、2枚引くか、2枚捨てて4枚引くかが選べるので、そこで揃うのを祈るかw

全員がカードを出したら、一斉に公開。

空手トマト
「せーの!」

ここでトマトを出している人は、カードを補充して脱落。
この時点で、自分以外が全員トマトの場合もあるのです。
もちろんトロフィーの数が多く見えている時は熱い。

(やばい・・・同じ種類が1枚しかない・・・)

試合が長引けば、ドキドキしながら出して失敗もありえるわけでw
問題はどこまでがんばるか。
がんばりすぎて、次がトマト1枚になるとつらい。

序盤からトロフィー時々ナイフばかりを狙っていたので、少ない手札でやりくり。
トロフィーがない勝利カードの時は、早々にトマトでカード補充を狙ってみたら、全員同じ考えで全員トマトだったりw
出ている勝利カードの枚数以下もしくは同じ人数になると試合終了。
4人プレイなら、2人以下になると試合終了。
そう・・・2人がトマトを出してくれれば終わる。

いつ終わる?
もしかしてまだ持ってる?

ドキドキしても手札次第。
カードがなければ早々におりるのも吉。
そんな中でも、誰がナイフをどの程度持っていったかチェックは欠かさない。
そのせいで、自分のトロフィー数を忘れていくw

自分がトロフィーを12個持っているんじゃ?と気付いた時には、終了宣言フラグ。
今やらないと、トド吉がやりそう。
今ならおやじさんがナイフ最下位なはず。

迷う・・・でも決めた。

「ゲーム終了宣言しまーす!」

結果、おやじさんがナイフをまったく持っておらず脱落。
トロフィーはトド吉との一騎打ち。
空手トマト
結果、私の勝利。
終了後、静かにカードを片付けたのでしたw

これはトロフィー早取り競争かなw
他の人が取る前に自分でがんばって取りにいって、最低限のナイフも持って。
私はこういうの割と盛り上がれる人だけれど、人によっては冷めちゃうかもw
カードを持っていなくても、強気で勝負が基本です。