・Xコード
 X-Code(Amigo:2018)


Xコード

全員で協力して、時間内にすべてのコードを解読するゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

テーブル中央にコードボードを広げ、横にタイムボードを並べて置きます。
カードをよく混ぜ、各プレイヤーに3枚ずつ配り、残りは裏向きの山にしてタイムボードに置きます。
砂時計を所定の位置に置き、ひっくり返したらゲームスタート。
全員同時にアクションを実行していきます。
山札からカードを引く・手札から3枚捨てる・左右どちらかのプレイヤーとカードを交換する・カード3枚組をプレイするを好きなだけ繰り返します。
手札に同じ数字3枚組をつくることで、コードボードに置いて解読成功となります。
砂時計カードは3枚組で使うことで、砂時計をひっくり返すことが出来ます。
ただし、手札の上限はプレイ人数によって決まっています。
時間切れになる前に、コードボードのすべてのスペースにカードセットを置くことが出来たら成功で勝利。
コードすべてをクラックする前に砂時計が落ちきったら、失敗で敗北です。

SPONSORED LINK

このゲーム、プレイ中はとってもうるさいですw
どの数字を持っているか、どの数字が欲しいか、何を持っているか等、自由に伝えあえるのです。
全員同時なので、聞こえない声で言っていても時間だけが過ぎていくのです。

まずは一番最初の簡単なルールで、練習も兼ねてお試し。

「よーい・・・スタート!」

砂時計をひっくり返したら、即座にスタート。

「2を2枚持ってます!」
「あ、じゃあげる。こっちから回してあげて!」

カード交換がかなりの肝。
ただしカードには渡せる方向が左右どちらか指定されているので、持っているから・集めているからといって、すぐに交換出来ません。
あくまで交換なので、自分も矢印が合ったカードを渡さなきゃいけない。

「はい、2きたよ」
「ちょっと待って!渡せるカードないから引いてくる!」

山札からトド吉方向の矢印があるカードを引く。

「はい、交換」
「揃ったので、2を置きまーす!」

こうなると2はもういらない。
手札圧迫でしかないので、捨てなきゃいけない。
ただし、カードを捨てる時は3枚捨てなきゃいけないので、発言している声をよく聞いて、いらなそうなカードを一緒に捨てる。

「シャープある!」
「シャープ1枚ある!」
「じゃ、あげる!」

とにかく慌ただしい。
砂時計
そして、見逃しちゃいけないのが砂時計。

「誰か砂時計持ってない?」
「持ってる3枚!」
「もうちょっとで使って欲しい!」

とにかくずっと発言してるw
勝手がわからず、あたふたしたけれど何とかクリア。

「やったー!成功!」
「いやいや。これが簡単に出来ないようじゃだめだよ」

そう言いながら、おやじさんは鍵を扉に差す。
最初のトレーニングで少しずつレベルアップしていくのではなく、青のミッションへ進みます。
さらに難しいルールにすべく、新しいカードが投入される。
効果適用
今度はコードボードの各欄に効果カードを投入。
3枚組を置いた時に発動する効果が加わります。
これによって、カードを置くタイミング次第では、手札上限をこえてしまうこともあるのです。

Q.手札が上限をこえたら?

A.手札すべて捨て札にします

さらにリセットカードがはいります。
山札が尽きたら、リセットカードを使うことで、捨て札を山札に再利用出来ますが、回数が決まっています。

とはいえ、最初の練習でコツを得たおかげで、全員一丸となってコード解読に挑む。
3枚組を出す時も全員に声をかける。

「5置きますけどどうですかー!?」
「5って何の効果だっけ?」
「カードを1枚ずつ引きます」
「おっけー!」
「ちょっと待って!だったら使わないの捨てる!」

意思疎通大切w
手札あふれたら全部捨てだもの。
そして青のミッションをクリアしたら、次は青のレベル2。
解除順
コード解読の順番が決まってくるシーケンスカード導入。
これが曲者。
解読終わってるのに、シーケンスカードを取り除くのを忘れていたり、気付くと砂時計の砂が落ちきる寸前だったりw
それでも我々の手にかかれば、コード解読は朝飯前(ぉぃ

ところが、次なる扉に手が!

「黄色やってみよう」

シークエンスカードの並び枚数が変わります。
さっきはピラミッド型だったけれど、今度は逆ピラミッド型。
最初に解読しなきゃいけないコードは、2つの数字だけという厳しさ。
さらに能力カードの導入で、全員が違う能力を持ちます。
私はカードを捨てる時の3枚制限なし。
トド吉は手札を隠して持たずに、自分の前に並べてフルオープン。
手札がフルオープンの人がいると、ちょっと簡単に感じましたw
見ながら指示出来るし、その通りに動いてもらったり、さすがに慣れたというか。
無事にすべて解読し、満足してゲーム終了となりました。

いやー・・・忙しくてうるさいゲームだったw
終わった後の疲労感はかなりのもの。
でも楽しい!