・ライフスタイル
 Lifestyle(Amigo:2018)


ライフスタイル

ダイスを振って指定の目を出して成功させ、カードを集めていくゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

場には9枚のカードと裏向きのカード山。
各プレイヤーの前には、ダイスゾーンと得点ゾーンの2つに分けるようにカード置き場をつくります。
手番がきたら、カードを取るかダイスを振るのどちらかを必ず実行します。
カードを取る場合、場に並ぶカードの中から、任意の1枚もしくは1列を選んでを取ります。
取ったカードは、自分のダイスゾーンに表向きで並べます。
場のカードが0枚になっていたら、すぐに山札から9枚を新しく並べます。
ダイスを振る場合、ダイスゾーンに置いたカードすべての条件を満たさなければなりません。
1枚を指定してダイスを振り、成功すれば次のカードへ進み、失敗すると手番終了です。
条件を達成出来たら、カードを得点ゾーンに並べます。
これを繰り返し、場と手番プレイヤーのダイスゾーンにカードがなければゲーム終了。
得点ゾーンのカード得点を合計し、もっとも高い人が勝者になります。

SPONSORED LINK

スポンサーリンク

カードは種類毎に色とイラストが違っていて、それぞれ効果があったり、得点計算が違ったりします。
しかし、この日の私のダイス運は最低でした。
どうせダイスを振るなら、ある程度の枚数を一気にやろうと思ったのが間違い。
最初の1枚が成功しても、次で失敗というのが続いていくという。
その間にも、他の人たちは地道に成功させて、得点ゾーンにカードを並べていく。
達成ならず
良いカードがあれば、ダイスを振らずにカードを取りにいく。
でもダイスは言うことをきかない。
6+なんて、簡単に出るかと思いきや、そんなことはなく。
もう泥沼w

あまりに成功しないおかげで、他の人に念を飛ばす。

「はい!ピンゾロ!ピンゾロ!」

しかしこの念は誰にも通じない。
動物3種類で10点が大きいように感じて狙うけれど、ダイスが言うことをきかずに失敗続き。
その間にも、持っていない動物が出ていると取りにいくので、カードがどんどん増えていく。

「それ無理なんじゃないの?」
「いや、まだいけるはず!」

転機がきたのはゲーム中盤。
突然、ダイスが言うことをきくようになり、どんどんカードをクリアしていく。
この時の感動はすごかった。
達成!
待ちに待ってました!という感じw

とはいえ、やはり先を行く人たちにはかなわない。
そんな時、トド吉がダイスの神に見放されたのか、突然ピンゾロを振るように。
これは楽しいw
その間に何とかと思っていたけれど、惜しくも追いつかず。
勝ったのはおやじさん。
車のパワーすごかったw

ゲーム終了時
中盤以降の追い上げで、何とか集めたカードたち。
カードはいくらでも取れるけれど、成功させる時は一度に全部というのが厳しかった。
どんなに求められているダイス目が低くても、先頭で失敗するとチャレンジすら出来ない。
ある程度こまめに成功させていきつつ、カード効果をうまく組み合わせていくんだろうけれど、言うこときかない時は何やってもダメだしね。

ところで、ゲーム名の『ライフスタイル』感はまったくないねw
イラストは確かに、車やスポーツ、ペットなど生活に関係しているけれど、それよりダイス目に夢中。
改めて考えても、ダイス勝負でライフスタイル関係ないw