・クアックサルバー クアドリンブルクの治療師たち
 Die Quacksalber von Quedlinburg(Schmidt:2018)
2018年ドイツ年間エキスパート大賞


クアックサルバー

袋から薬材を引いて鍋に投入し、爆発しないようにより良い飲み薬をつくるゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

各プレイヤーは自分の鍋と袋を受け取り、最初の薬材を袋に入れます。
テーブル中央にボードを広げ、幸運カードをよく混ぜて裏向きの山にします。
ゲームは9ラウンド。
各ラウンドは、スタートプレイヤーが幸運カードを1枚表にするフェイズから始まります。
次に得点トップのプレイヤーとの差分で、薬材を置く位置が変わるネズミフェイズ。
そして、メインとなる袋から薬材を引いていくメインフェイズ。
最後にそれぞれの得点を計算する、得点フェイズがあります。
スタートプレイヤーを次の人に移し、幸運カードの山札を渡して次ラウンドへ。
9ラウンド終了後、もっとも得点の高いプレイヤーが勝者になります。

SPONSORED LINK

最初に遊ぶ時には、薬材解説タイルは1を推奨されていますが、全員ゲーマーだからいいだろうと2でプレイ。
スタート時には全員同じ袋の中身。
ここから、それぞれ違った方向になっていくはず。
スタート
まずは幸運カードをめくる。
その名の通り、良いことが書いてあるのです。
トップの人は恩恵にあずかれないこともあるけどw

ネズミは2ラウンド目から登場。
得点ボードをよく見ると、ところどころにネズミのしっぽが描かれているのです。
トップのプレイヤーと自分の間に何本あるかで、その本数だけネズミを前進。
得点差があればあるほど、薬材を置くスタート位置が前進するのです。

この鍋、一番内側が1になっていて、外側へ行くほど数字が大きくなっています、
この数字が、得点フェイズで新しい薬材を獲得出来る数字。
より大きければより良い薬材が手に入るのです。
バーストしなければ、得点も入ってきます。
バーストしたら?
得点かお買い物のどちらかしか選べませんw

とはいえ、最初は全員同じ薬材でスタートなので、どこで白の3を引くかにかかっている。
まずは。
スタート位置の雫トークンから1マス先に置く。
3が書いてあれば、3マス先に置けるのです。
数字の合計が8でバーストなので、まだまだいける。
バースト判定は白い薬材の数字のみ合計するので、違う色の薬材ならまだまだいける。

とまぁ、強気で引けばたいていバースト。
特に「1を引けばまだいける!」なんて時には、たいてい2以上を引くわけで。
最初のラウンドは、団子状態で終わります。
そう・・・序盤は和気藹々。
ルビーを獲得して歓喜の声をあげる程度には、とてもかわいいプレイングw
ラウンドが進むにつれ、どの薬材を購入するかで、飛躍的に加速する場合も。

薬材は8種類あり、それぞれ効果が違います。
さらに言えば、数字も違います。
これをどう考え、自分の袋に入れていくかが鍵。
あとは自分の引ける力!

ラウンドが進み、黄色い薬材が登場すると、トド吉やいたるさんが早々に購入。
私はひたすら安い赤へ。
赤は引いてもすぐ鍋に置かず、あとで置くかどうか決めることが出来る便利薬材。
これで鍋の数字を調整出来るのだから、必要性は高いと考えてみる。
人それぞれw

いたるさんと私の得点だけが増えていき、常にバーストしているトド吉はかなり後ろ。
でもその分、ネズミの尻尾が多くてスタート位置が変わる。
より大きい合計値を狙えるようになり、さらに狙いすぎてバーストがお約束w
薬剤
どんどん大きくなる数字に、どの薬材を増やすか悩む。
気付けばいたるさんの鍋は20台後半。
負けてなるものかと、自分の引ける力を信用して、どんどん引いていく。
こういう時、赤い薬材を引けると安心するのです。
ただ、数字が小さすぎるのがいまいち。
数字が大きい薬材はお高いのです。
特に黄色い薬材を引いた次は、ものすごく手に力が入る。

「せめて2!せめて2!」

「あ゛ー!なんで1なんだよー!」

袋の中に薬材がたまっていくと、当然ながら白い薬材を引ける確率は下がっているはずなのに、なぜか引く。
そして響き渡る悲鳴。
他の人の悲鳴は、かなりうれしい事実w

袋の中を構築する、まさにバッグ構築。
幸運カードによって上限が9の時には、不思議と余裕がうまれるのです。

薬材引き競争も終了間近。
黒い薬材で先を行っていたはずなのに、左右の鍋を見たら全員黒い薬材。
やはりここでも赤が大活躍。

そして勝負は最終ラウンドへ。
最終ラウンドだけは、プレイヤーは全員同時に袋から薬材を引きます。
他のラウンドは任意。

このままでは勝ちきれない。
確かに鍋では素晴らしい(?)飲み薬を調合しやすくなっているので、最後はバーストしたくない。
でもより先へ進めば、得点が少しでも上がる。
この思いが交差して、導かれたはずのトド吉がバースト。

「あ゛ー!なんでぇぇぇぇぇー!」

それを笑いながら、袋に手を入れた私が引いたものは・・・白い薬材。

「あぁぁぁぁぁぁ!バーストした!欲が出たんだきっと・・・」

いたるさんは最後まで、堂々と袋から引いて9ラウンド目が終わっていったという。
最後のバーストは痛すぎる・・・
勝ったのはいたるさん。

最終ラウンドでのバーストはダメ!
覚えましたw

今年のエキスパート大賞受賞ゲーム。
袋から引いて自分の鍋に入れていくだけなので、他の人の鍋を見ている余裕がないかな?と思ったけれど、意外に気になるので見てしまうw
薬材は自分で増やしていくので、あの薬材があったはず!と引いて失敗するのも楽しい。
数字の範囲でやりくりしてお買い物していく点、トップとの点差が開けばちゃんと救援策があるのもいい。
手軽に盛り上がれて、かなりおもしろかった。
終わった後、すぐにでももう1戦したいくらい。
珍しくリプレイ欲求がすごい・・・
なんかこう、ズーロレット的な気に入り具合。

後日、トド吉と2人で遊んでみましたが、そこまで大差なかったかな。
クアックサルバー
薬剤タイルの効果が、2人プレイだと弱くなっているように感じるのもあったので、薬剤の選び方が変わる感じです。
楽しいのは3人のほうですが、2人だと細かい得点を狙ったり、さらにシビアさを要求されたような?
やっぱりいいな、このゲーム。

早い段階で日本語版のアナウンスがあったので、日本語版を待っていました。
ただし、今日現在(2018年10月7日)、タイルが一部ドイツ語版が入っている物があるそうなので、該当する人は発売元のアークライトにお問合せください。
私のはちゃんと日本語版でした。



新品ボードゲームクアックサルバー 完全日本語版 (Die Quacksalber von Quedlinburg) 駿河屋