・デジャヴ:記憶の欠片
 Deja Vu: Fragments of Memory(Asteria Games:2018)


image935

宇宙を旅して散らばった記憶の欠片を集め、得点を獲得するゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

星雲タイルを組み合わせて宇宙マップをつくります。
心象カードをよく混ぜて裏向きの山をつくり、公開カードを並べます。
各プレイヤーは、心象カード5枚と少女タイルを受け取ります。
ゲームは、誰かが終了条件を達成するまで、スタートプレイヤーから順に手番を実行していきます。
手番は4つのフェイズで構成されています。
任意で行う花植フェイズ。
星雲タイルを1つ選び、心象ビットを隣接するタイルに1つずつ置いていき、最後に置いた心象ビットと同じ色の心象ビットを獲得する回想フェイズ。
必要な心象ビットを使うことでカードを構築していくデジャヴフェイズ。
使用した心象ビットで記憶の引き出しの穴を埋めていき、手札を補充する瞑想フェイズが終わったら次の人の手番へ。
誰かが自分の前に10枚の心象カードを構築したら、他のプレイヤーが1手番ずつやってゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

kickstarterでいたるさんが蹴ったものには、専用のプレイマットがついていました。
宇宙空間
これなら宇宙に見えるw
星雲タイルは、最低2枚のタイルと隣接するように並べます。
繋がっているかどうかが、このゲームではかなり重要。
あとはランダムで心象ビットを配置。

どうでもいいけれど、心象ビットって言葉は言いにくい・・・
色々な形をしたコマが一番しっくりくる。

星雲タイルの上には女の子のコマがあり、女の子は花植フェイズをやる場合のみ使います。
基本的には、星雲タイルを1つ選び、そこに乗っているコマを全部持つ。
そして、隣接しているタイルにコマを1つ置き、置いたタイルと隣接しているタイルにコマを1つ置き、を繰り返していく、マンカラ的な感じ。
重要なのは最後にどの色のコマを置くか。
置いた色と同じ色のコマがあれば、全部獲得出来るのです。
ちなみに、白はオールマイティで、最後に白を置くことは出来ません。
心象カード
心象カードには構築するのに必要なコマが書いてあるので、獲得したコマを使って完成させていくわけです。
やることはコマをばらまいて、最後に置いたタイルの上からコマを獲得。
必要なコマを使ってカードを完成させて、自分の前に並べていくだけ。
カードは完成させるとボーナス的な効果があるのです。

自分の手札を見て、何が必要かチェックする。
最初に5枚配られた中から、選りすぐりの3枚を残した形。
手札の上限は常に3枚で、心象カードを構築することで増えることもあり。
使えないカードを引いても、補充の時に好きなだけ捨てて引き直せるのが良い点。

「ここにする!」

選んだ星雲タイルに載っているコマをすべて取り、そこから繋がっているタイルへコマを置く。
プレイ中
重要なのは、最後に何色を置くか、そしてその色は何個獲得出来るのか。
色で制限がかかるのは、このデジャヴフェイズのみ。
カードは形さえ合っていれば、何色を使ってもいいのです。
ただ、カードと同じ色のコマを使えば、得点がもらえる仕組み。
コマは獲得しすぎても、持ち越せるのは1つだけ。
でも足りないより余ったほうがいいわけで。

ゲーム中は、ひたすらコマ数と自分が欲しいコマがあるタイルを計算しっぱなし。

(1、2、3・・・あ、これじゃコマが1個多いな)

自分ではきちんと数えて取るつもりが、他の人の手番で数が動いてしまったり。
その都度、心の中で悲鳴をあげてみたり。

「ぐあ!そこ動かすの!」

「あー!そこは私が欲しかったのに!」

常に変わっていく盤面。
心象カードがなかなか達成出来なくて悩んでいたら、より得点の高い白いカードをすすめられる。
必要とするコマは、上から順じゃないと埋められない。
そして、次の手番へ持ち越せるのは、たった1個。
カードを完成させることが出来れば、倉庫が増えたり少女の移動歩数が増えたりするけれど、まず完成させることが難しい。

「これいいよ!」

すすめられたのは白いカード。
確かに得点は22点で高い。
完成させられたら、の話なのに、意地でも完成させたくなってくるw
完成
そして、大きく動かず、静かにコマを集めて完成。
なんだか満足。

「22点はまずいでしょ!」
「何かすぐ出来そうなカードない?」

急に目の色をかえてきた2人。
白いカードは最初から公開されていて、どれならより早く完成させられるのかチェック出来る。
ただし、カード全般において、同じカードを2枚取ることは出来ないのです。

「そこ離れてるよ!」
「え?あ、ほんとだ」

他の人の手番では、頼まれなくてもタイルの隣接当番w
隣接しているかどうかが重要なので、自分の手番の時にも確認してもらう。
完成
他にも出来そうなカードを探して完成。
しかし、ここでかなり行き詰まり感。
手札を入れ替えてみても、欲しいカードがこない。
良さそうなカードがきても、コマが揃っていない。
上から順にしか置けないのが、かなりつらい。

夢中になってコマ数えしていたら、トド吉がすごい枚数を並べている。
そして、10枚達成。
でもゲームはまだ終わらない。
あと1手番でゲームが終わるけれど、最後まで足掻いてみるも上手くいかず。
勝ったのはトド吉。

このゲームいいなぁ・・・蹴ればよかった。
常にどのタイルのコマをどこへ移動させるのか悩んでいるので、手番で時間がかかりがちだけど気にならない程度。
そして、木のコマもいいし、何といってもカードがきれい。
心象カード
色別に数字順で並べると、イラストが繋がっているのです。
白いカードはドラゴン。
トド吉が赤で揃えていたけれど、並んでいる光景はとてもきれいでした。
kickstarterは良いゲームに当たる印象がなかったけれど、これは欲しい。
国内流通しないかなぁ?