・超激闘宇宙レスリング
 Galaxy Wrestling Federation(Homosapiens Lab:2018)


超激闘宇宙レスリング

プロレスラーになり、誰か1人を指名して対戦していくカードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

各プレイヤーはプロレスラーを1人選び、カードセットを持ちます。
ゲームは、時計回りで手番になります。
手番が回ってきたら、ライバルを1人指名します。
次に、力かスピードのどちらかを宣言し、お互いに手札からカードを1枚裏向きで出します。
3つ数えますが、この時、他のプレイヤーがカードを出すことで乱入が可能です。
そして一斉にカードをオープン。
まずは左上の数字を比べ、どちらが剋したか、相剋かどうか判定します。
次に相剋にならなかった場合、スピード勝負なら数字が小さいほう、力勝負なら数字が大きいほうが勝ちます。
勝った方はカードを手札に戻してチャンピオンベルトを受け取り、負けた方と引き分けの場合は自分の前に並べます。
乱入の場合は、剋しているかどうかの判定のみで、数値比べはしません。
これを繰り返し、誰かの前に同じ数値カードが3組あるとゲーム終了。
チャンピオンベルトを一番多く持っている人が勝者になります。

相剋とか剋してるの意味がわからず、何それ?だったんですが、すごろくやの補足がついていました。
聞きなれない言葉ですから。
超激闘宇宙レスリング
キャラクターはイラストを見て、全員好きなのを取る。

さあ、いざ勝負開始のゴングが鳴ります!

最初は乱入せず、勝負がどんな感じなのか見守る。
私も指名されて戦って負けるw
負けたら自分の前にカードを並べる。
けれど、いたるさんとトド吉が戦っているのを見てうずうずしてくる。
超激闘宇宙レスリング
だって、ベルトが欲しいんだもの。

「1、2・・・」
「乱入だー!」

待ちきれなかったw
トド吉を指名して、カードを一斉にオープン。

が、負け!

すごすごとカードを自分の前に並べて終了。
しかし私はこんなことでは負けない。

「乱入だー!」

負ける。

「乱入だー!」

負ける・・・

「落ち着きなさいって」
「うん・・・」

乱入は剋せるかだけで判定なのに、なぜか間違えて数値を見てしまう。
その勘違いが度重なる敗北を招くわけで・・・
私の前にどんどん並ぶカード。

「まだ大丈夫!まだ1枚ずつだから大丈夫!」

大丈夫なわけがないw
減っていく手札。
でもまだ必殺技が残っている!
そして、カードの使い方も覚えてきた。

そして運命の時。
指名するはトド吉。
いざ勝負!

「必殺技じゃ!」
「あー!」

必殺技。
それは一度だけ許された絶対に勝てるカード。
超激闘宇宙レスリング
使ったら自分の前に並ぶので、もう必殺技は出せないのを自慢するカードw

「なんだこのゲーム!w」
「やばい。あほすぎて楽しい」

そして、勝負は思いもよらない方向へ。
なんといたるさんが同じ数値のカードを3組つくってしまったという。
これにより、いたるさん脱落。
ベルトの数で、トド吉の勝利!
いたるさん、ベルト5つも持っていたのに・・・w

同じノリで遊んでくれる人と遊ぶなら、最高に楽しい。
対戦相手を指名して勝負するのに、第三者が勝手に乱入していく。
もう勝負はめちゃくちゃw
この楽しさを共有出来る人と遊ぶことをおすすめします。
最高に楽しいです!

他にも3組つくった人から順に脱落していく『デスマッチルール』、1人2キャラ使う2人専用『ダブルバウトルール』があります。