・コスプレごきぶり
 Party Bugs(Abacus:2018)


コスプレごきぶり

上手にカードを出して、より小さい数字になるようしていくカードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

テーブル中央にミラーボールを置いてダンスフロアにします。
各プレイヤーは自分の色を選んでカードセット受け取ったら、よく混ぜて裏向きの山にしておきます。
その後、全員が自分の山札から1枚めくってミラーボールのとなりに並べます。
ゲーム開始時、自分の山札から3枚引いて手札にします。
手札から1枚を選んで裏向きで出し、全員が出したら一斉にオープン。
出した数字が一番低い人から順に、フロアからカードを1枚選んで受け取っていき、全員が取ったら出したカードをダンスフロアへ移動させます。
同じ数字のカードを2枚取ったら、直ちに2枚とも箱の中へ戻します。
自分の山札から1枚引いて、手札を3枚にしたら次ラウンドへ。
これを繰り返し、手札が尽きたら最終13ラウンド。
ダンスフロアに残っているカードを1枚ずつ順に取り、ゲーム終了。
得点計算をし、もっとも合計値の小さい人が勝者になります。

バッティングすると、ミラーボール持っている人、もしくは近い人勝ち。
欲しいのは出来るだけ小さい数字。
万が一大きい数字を引き取っても、もう1枚取れれば相殺出来る。

自分の山札から3枚引いて、手札を見る。
大きいのから小さいのまで、なかなかよい感じ。
カードは絶対に1枚引き取るので、出来るだけ小さい数字を目指して。

「せーの!」

一斉にオープン。
最初なので、中途半端な数字にしていたら、なぜかみんな同じような感じ。
ミラーボールを持っている私が、見事の1のカードを獲得。
3人プレイだから、1つの数字は3枚。
3枚目だけは絶対に引き取ってはいけない・・・

山札から1枚引いて手札が3枚に戻ったところで、次のラウンド。
さっき全員で出したカードが、ミラーボールを囲むように並ぶ。
中途半端な大きさの数字が並んでいるけれど、よく見れば同じ数字が2枚。
ここで1枚引き取ったとして、もう1枚は争奪戦になるのは必須。
少し避けたい・・・

まぁ、上手くはいかないわけで。
3枚目を引き取る頃、早ければ数字がかぶって相殺で消えていく。
私以外の人たちが・・・w
そう。いたるさんやトド吉は、取っては消えてで増えないのに、私だけが自分の前にカードをずらりと並べている。
まずい・・・小さい数字だって、これだけあったら合計値が大きくなってしまう!

そして、忘れてはいけないのが13の存在。
最大数字でもある13は、場に並ぶカードをすべて引き取るのです。

強気で12を取りにいってトド吉とかぶり、さらにその次の12を取られてしまった日には涙目。
掃除機のようにカードを吸い込んでは並べ、ゲーム終了時には計算するまでもなく私の敗北。
勝ったのはトド吉。

最初は調子が良かったはずなのに、おかしいなぁ・・・?
出すタイミングはよかった。
ただし、次に出すカードもある程度想定しなきゃダメだった。
コスプレしたごきぶりのイラストが、何とも言えない緩さなのに、ゲームは考えなきゃダメ。
一斉出しのバッティングは、普通に遊んでも盛り上がるので楽しかったw