・キャプテン・リノ:アクティブキッズ
 Rhino Hero Active Kids(HABA:2017)


キャプテン・リノ:アクティブキッズ

スーパーヒーローとして街を巡回し、スライムボールを集めるゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

各プレイヤーは、ヒーローを1体選びます。
テーブルの周りを広くあけて、動き回れるようにします。
手番がきたら、合図と共にテーブルの周りを1周します。
その間、他のプレイヤーはダイスを振り、すべての目をボーン!にします。
手番の人が早かったらスライムボールを1個入手し、マントの上にのせます。
他のプレイヤーが早かったら、何ももらえず手番終了です。
次の人に手番が移り、誰かがマントに6個のスライムボールを集めたら、その人の勝利でゲーム終了です。

まずはテーブルを動かして、周りを走れるよう準備。

「座って遊ぶ?」
「立ったままでいいんじゃない?」

全員立ち上がってテーブルを囲み、自分の前にヒーロー本部を置いたら、いざゲーム開始。
スタートプレイヤーは私。
片手にヒーロー、もう片手は本部をおさえて走り出す準備。
他の2人はダイス3個を振る邪魔係。

「気を付けろ!スライムボールだ!」

ヒーロー持って、テーブルの周りをダッシュで1周。
その間にも「ボーン!」の声が聞こえてくる。

「どいてどいてー!」

背中を押しのけて無事1周。
マントにスライムボールを1個のせる。満足w

今度はダイスを振る係に。
正直、ダイス目でボーン!を出すのに必死で、走ってるヒーローを眺めてる余裕はなし。

「あ、でた!ボーン!」
「こっちもでたボーン!」
「あと1個!あと1個!」

1個が出なくて、ヒーローが本部に戻ってくる。
これを延々とやっていくだけw

スライムボールがマントにのると、走るスピードが落ちてくる。
ダイスが3個ともボーン!になる確率は高くなる。
走り回っているので、体力がなくなってくる・・・w

マントに3個のる頃には、若干疲れが見えはじめてしまうという。
6個はなかなか遠かったです。
キャプテンリノに登場するヒーローたちを実際に動かすのは、確かにアクティブ。
キッズ向けでも全力で楽しむのは、大人の嗜みということでw