・イクアツ
 Iquazu(HABA:2017)


イクアスの滝

神聖な宝石を滝の裏へ隠し、得点を獲得していくゲームです。
おのさん・翔さん・トド吉・私の4人でプレイ。

ボードの中央にはイクアツの滝。
立体的な滝の下には、岩肌の短冊が並び、滝の水流が隠している形になっています。
岩肌の宝石置き場は、置ける宝石の色が決まっています。
各プレイヤーは自分の宝石の色を決め、すべての宝石を宝石箱に入れます。
ゲームは、スタートプレイヤーから順に手番を行っていきます。
スタートプレイヤーは宝石箱を持ち、最後手番の人は水滴箱を持ちます。
手番は3つの工程があり、まずはカードを4枚引くか宝石を窪みに1つ置くか。
次に自分の前に水滴箱があれば水滴を置き、最後に宝石箱を持っているなら次の人に渡します。
これを繰り返して、一番左の岩肌が埋まったら中間得点計算。
宝石箱と水滴箱を動かし、ゲームを再開します。
最後から3番目の岩肌が埋まったらゲーム終了。
最終得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

昨年のエッセン会場で遊びました。
宝石箱は手番が1周すればまわるけれど、水滴は中間得点計算が発生するまで動きません。

常に見えている岩肌は5列。
列によって、宝石を置く時に使うカード枚数が違いマス。
そして6列目には、中間得点計算で獲得出来るボーナスタイルが並びます。
一番左側の列が埋まるごとに中間得点計算で、その列にもっとも多くの宝石を置いていた人が得点を獲得し、ボーナスタイルは、横向きの行で多く置いてる人。

最初はやはりカードを引く。
手札上限は12枚なので、同じ色のカードはいくら持っていても使いようがある。
そして、全員が手札を引いたとしても、水滴箱を持っている人の手番が終わると、自動的に窪みが1つ水滴で埋まります。
勝手に埋まる窪み!

どのボーナスが欲しいか、より多く置けそうな列はどこか、その列は何点はいるか。
ちらちらとチェックしつつ、カードを出していく。
高コストへ先に置ければ、得られる得点も大きい。
でもカードを4枚、5枚使う上に、無理している間に他の人が埋めていってしまう。
少しでも先へ置いて、得点を確保したくなるわけで。
そんなことを考えているうちに、水滴で自動的に埋まっていく窪みw

中間得点計算でもらえるボーナスタイルが、かなり便利。
カードを4枚引けたり、もう1手番連続で出来たりするのに加えて、手番内ならいつでも何枚使ってもいい。
でもカードが合わず、宝石を出し損ねているうちに中間得点計算が発生してしまう。
先を見越して無理するの大切。

どんどん水流が動いて新しい岩肌が出てくると、最後の岩肌も出てくる。
ここは高得点。
先に宝石を置いて確定させたい。
その間に他の列で負けては、あまり意味がない。
どこまで先を見るかを試されている感じ。

誰かが宝石を置くたびに「あぁ・・・とられた!」と口から出てしまうのはお約束。
そして加熱していく宝石置き競争。
夢中になっているうちにゲーム終了。
勝ったのはトド吉。

大人用のHABAって、すごく遊びやすい上にHABAとは思えない面白さがある。
見た目もいいし、滝の水流が変わって少しずつ見えてくるのもいい。
それでいて、基本はカードを出して宝石を置くだけ。
見極めるのは、カード補充と宝石置きのタイミング。
置いてある宝石は常に見えているので、誰がどの列を狙っているかもわかりやすい。
すごく気に入りました。

エッセンでは4人プレイだったこのゲーム。
先日、すごろくやで流通がはじまったので、トド吉と2人プレイをやってみる。
イクアツ
2人なので、宝石箱が忙しく動きますw
お互いまずは手札をためこむか?と思いきや、見切り発車でトド吉が宝石を置きにいく。
確かに2人が交互に置いても2個しか置かないので、中間得点計算までが長い。
あまり大きいことは考えず、2枚出しを優先して、ちまちまと置いていく。
タイルもほぼ平等に分配されると、どこかで差を出していかなきゃいけない。
手に入れたボーナスタイルは即座に使い、カードを引くアクションを選択せずに宝石を置く。
得点を獲得出来るようにしつつ、ボーナスタイルもというは難しい。
中間得点計算でトド吉に得点が入るのを眺めつつ、まだまだ挽回は可能と自分を励ますw

2人プレイだと、序盤でボーナスタイルだけで得点獲得出来なかったのがじわじわと。
そりゃそうだよねw
列の得点が高いところに狙いをつけて、そこをより有利に。
ただ、欲しいボーナスタイルとは噛み合わない・・・
忙しく動く宝石箱。
どんどん水滴で埋まっていく岩肌。
むしろ、水滴が埋めてくれるのを頼って、ぎりぎりで宝石を1個だけ置きたい。
お互い同じことを考えるわけで・・・w

「これさー・・・」
「何?」
「4人プレイが最高に楽しすぎて・・・」
「まー仕方ないよね」

そんな会話をしつつも、心の中では負けたくない炎がめらめらとw
最後の9点狙いで早くから宝石を置いたものの、他の列を気にしている間に行をトド吉に取られてしまう。
さらばせめて3点とボーナスタイル狙いと宝石を置いてみたけれど、取れなかったタイルのほうが多かった。
終わってみれば、なんと同点。
同点
握手をして勝利を分かち合いましたw
2人だとちょっと長く感じるかも知れないけれど、楽しさは伝わります。
機会があれば、ぜひ4人で遊んで欲しいです。
今度3人でもやってみようかなぁ?