・ザ・マインド
 The Mind(Nurnberger-Spielkarten:2018)


ザ・マインド

全員で協力してカードを出していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

数字カードをよく混ぜ、各プレイヤーに現在のレベルに合った枚数を配ります。
最初はレベル1で手札は1枚、レベル2は2枚という感じで、レベルが上がる度に手札も増えます。
テーブル中央には、決められた枚数のライフカードと流れ星カードを置きます。
このゲームでは情報の共有等は禁止で、自分の手札を出していくだけです。
まず、今のレベルに挑戦するため集中力を高めるところから。
全員の心の準備が出来たら、全員同時に1枚ずつカードを出していきます。
カードは昇順になるようにしか出せず、自分が持っているカードの数字が一番小さいと思えば出します。
全員がすべてのカードを順序よく出すことが出来たら成功。
レベル2以降では成功すると流れ星カードがもらえ、ゲーム中に使うことで全員が一番小さい数字を捨てることが出来ます。
次のレベルへ進みます。
失敗した場合、ライフが1つ減ります。
すべてのライフを失うと失敗になります。

レベル1は手札が1枚。
簡単かと思いきや、数字カードは1から100まであるので、誰が何を持っているか知らない。
数字が小さい人はより早く出し、自分は出せないと思ったら眺めていればいい。
さすがに1枚ずつは素直にクリア。

静かに次のレベルへ。
続いてレベル2。
ここからは成功するとライフが増えます。
最初に持っているライフは3なので、4にレベルアップ目指して開始。
まずは集中力を高め、他の人と同調するように・・・

(なんかおなかすいてきたなぁ・・・)

伝われ私の思い!
これで同調できたかな?w

手札を見ると、小さすぎず高くはない数字。
む・・・どのタイミングで出そう。

もじもじしていたら、誰もカードを出さない。
それじゃ出してみようかなと思ったら、トド吉からカードが飛んできた。
出てきた数字は12。
あぶない。
自分のを急いで出さなきゃ!
すかさず手札から1枚出す。
出そうとした瞬間、トド吉が「あ・・・」みたいな顔したけれど気にしない。
こういう時だけ強気w

対するいたるさんは、ただ見てるだけ。
これは数字が大きいな・・・と察することが出来る。
いや同調しているはずだから、以心伝心かw

たった2枚なのに難しい。
そして、出し損ねたトド吉がカードを出してきて、ライフを失う。

「ま、まだライフ2あるし」
「成功させれば増えるし!」

前向き。
これでトド吉は手札がなくなったので、見ているだけw
私が出して、いたるさんが続けて出して成功。
ライフが1つ増えて、いざレベル3へ。

レベル3は手札が3枚。
2枚でもちょっと難しかったのに3枚。
カードは何となくばらけている感じ。
そして使うのを忘れていた流れ星カード。
1枚しかないので、大切に使わなければいけないカード。

運命のレベル3スタート。
何となく目で伝えようとするも、早々に失敗w

「あー!」
「それダメだー!」

ライフが消える。残りライフは2。
これは難しいのでは・・・

重なる失敗でライフが残り1になったところで、いたるさんが手を挙げる。
手を挙げるってなんだっけ・・・あ!流れ星か!
トド吉も私も手を挙げ、全員が手を大きく挙げる。
キラキラ
まさにこんな姿・・・w

そして、全員手札の一番小さい数字を捨てる。
それを眺めて、あぶなかったことを知るw
ゲーム再開。
それでも小さい数字が残っていたし、他の人はきっと捨てただろうということで出す。
続いてカードが出てくる。
よし、いいぞ!

と思った瞬間、

「あ゛ー!」

ライフ消えた!
残りライフ1。
3枚が3人で9枚しかないのに、なぜクリア出来ないのかw

まぁ結果は見事に大失敗でした。
レベル3で脱落!

最初から手札をしっかり持って遊ぶザ・ゲームとは対照的な感じ。
少しずつレベルと共に手札が増えていくので、本来なら以心伝心が出来ているはず。
全員が手を挙げている姿が一番楽しかったw
遊び時には雑念を取り払い、しっかり集中しましょう。