・きらめく財宝
 Funkelschatz(HABA:2018)2018年ドイツ年間キッズゲーム大賞


きらめく財宝

パパドラゴンの炎の息で氷の柱を溶かし、こぼれ出した宝石を集めるゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

箱の中に仕切りをつくってボードをかぶせます。
各プレイヤーは自分のちびドラゴンを選び、箱の隅に差し込みます。
ボード中央に氷の柱を重ね、中に宝石を入れます。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドでは3つのことをやります。
スタートプレイヤーがパパドラゴンを持ち、順に宝石タイルを1枚ずつ選ぶところからスタート。
次にパパドラゴンは、氷の柱をそっと取り去ります。
最後にパパドラゴンから順に宝石を分配し、獲得した宝石を自分のちびドラゴンの後ろにある洞窟に入れます。
パパドラゴンを左隣りの人に回して、次のラウンドをはじめます。
これを繰り返し、最後の氷の柱が取り去られたラウンドで終了。
獲得した宝石を数え、もっとも多く獲得した人が勝者になります。

ルールはいたって簡単なので、早速スタート。
2人プレイの場合は、最初の宝石タイル選びでは2色選びます。
輪を持って
そして、いざ炎の息で氷の柱を溶かす。
宝石に触れないように持ち上げます。

輪をはずす
氷の柱はリングになっていて、そっとはずすと宝石がこぼれ出します。

宝石
こぼれ出した宝石に、自分が選んだ宝石タイルの色と同じ宝石を集めます。
ちなみに、誰のものでもない色は、柱近くの穴へ落とします。

宝石投入
洞窟へざーっと入れます。
パパドラゴンを次の人に回せばラウンド終了。
うん。とても簡単。
むしろ、物足りなさ爆発!
と思ったんですが、我々はいい年した大人。
禁断のあの技が使えるのです。
そう・・・
自分が選んだ色を出来るだけ多めに落とす小技w

思い出せばファイアドラゴン。
あの溶岩を落とす時の要領で、微妙な感じでそっと氷のリングを取る。
すると、狙い通りに自分が選んだ宝石が多めに落ちてくる!
大人気ない遊び方ですw

こうなると、最初の担当宝石を決めるところが大切。
柱をチェックして、次はどれが多く落ちそうかで選ぶ。
2人プレイなので2色選べるのもいい。
パパドラゴンは後から選ぶけれど、アクションを実行するのはパパドラゴン。
自分が取ってない色をおとさないよう、目に見えるか見えないか程度の小技を炸裂。

「それ知ってるぞ・・・!」
「うん。ファイアドラゴンで覚えたずるい技ねw」

取った宝石は洞窟に隠してしまうので、誰が何個持っているのかわからない。
だからこそ、取れる時には出来るだけ多く取りたい。

ゲーム終了
氷の柱が全部溶けてしまうとゲーム終了。
そしてお楽しみタイム。
最終結果
ボードをどかしてみると、隠したり落とした宝石が収納されています。
あとは自分の宝石を数えるだけ。

「31個!」
「33個!」
「えぇー!?」

勝ったと思ったのに・・・2個差で敗北。

3〜4人プレイだと1人1色なんですが、2人プレイの2色はかなり良い。
どちらかの色は最低1個くらい落ちてくれる。
時折、まったく落ちてこない色もあるので、2色あれば何かしらは取れるところもよかったです。
宝石はたくさん持ってじゃらじゃらしたほうが、テンション上がるしw
大人気ない2人だったけれど、楽しかったので良し!