・トマトマト
 tomatomato(Oink Games:2018)


トマトマト

並んだカードを早く読み上げるゲームです。
6人でプレイ。

カードをよく混ぜて、裏向きで重ねます。
ダイスを振って出た目の数が、今回めくる数です。
重ねてあるカードから、枚数分のカードをめくり、表向きに1列に並べます。
自分の番では並んだカードを順番に読み上げるだけ。
成功すれば、重ねる枚数のカードを追加で並べて次の人の番になります。
失敗したら、その人以外の人たちが一斉に並んでいるカードを取ります。
掛け声と共に、欲しいカードに対して指をさします。
誰ともかぶらなかったら、カードを得点として獲得。
誰かとかぶってしまったら、今回は誰もカードを獲得出来ず、捨て札にします。
カードの分配が終わったら、次の人の手番へ。
これを繰り返し、裏向きのカードがなくなったらゲーム終了です。

早口言葉は、慣れている人が圧倒的な強さを見せつけてくるので苦手。
でもこのゲームでは、自分の番でいかに失敗しないか、カード獲得で他の人とかぶらないかが重要。

「トマトマ!」
「おっけー」

再び同じ枚数がめくられ、カードが増えて言葉も長くなる。

「トマトマトトマト!」
「セーフ!」

使っている言葉は、トマト・マ・ト・マトの4種類。
たったこれだけなのに、すごく言いにくいw

「トマトマトトマトト、ト、トトト・・・うわ!だめだ!」

誰かが失敗したら、得点獲得チャンス。
失敗した人以外が、合図と共に欲しいカードを指さします。
カードは何をとってもいいけれど、トマトになるように取らないと最終的に得点にはならない。
さっき『マ』を取ったから、今回は『ト』を取りたいなど、ただの早口言葉ではないのです。
たまに出てくるポテトも侮れない。

そして、他の人の早口言葉を聞いたり、必死になって言ってる間にゲーム終了。
勝ったのは誰だったかな?

早口言葉と言えば、誰でもすぐに遊べて盛り上がるけれど、どうしても得意な人の独壇場になりやすい。
そこをダイスでめくる枚数をきめたら、得点は一斉に指さしでカード獲得にしているのがいい。
リバースで読み順が変わったり、ポテトが入っていたり。
おかげで、早口言葉が苦手な私でも想定していた以上に得点が取れましたw




ちなみに、元になったのはゲムマ春で頒布されたこちら。
トマトマト
手作り感溢れる作品が、よりゲーム性が高まりつつ洗練された感はとても良いと思います。
そして、コロコロ堂での体験会の様子はこちら。