・メルカド
 Mercado(Kosmos:2018)


メルカド

市場でコインを使って買い物をし、得点を獲得していくゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

テーブル中央には、高級品や香水、市場タイルが並びます。
各プレイヤーは自分の色を選び、その色のコインが入っている袋と人物タイルを受け取ります。
タイルの横に得点ボードを置き、スタート位置に全員のマーカーを置きます。
ゲームは、スタートプレイヤーから始めて、ゲーム終了まで順番に手番を実行していきます。
手番がきたら、袋からコインを3枚引くか、それまでに使ったコインを回収するか選びます。
袋からコインを3枚引いたら、タイルの自分色の辺に配置しますが、黒は偽コインなので配置出来ません。
コインを置けないまたは置きたくない場合、袋に戻します。
タイルの条件を満たしていたら決算発生します。
引かずに回収する場合、自分の人物タイルの上のコインをすべて袋に入れます。
そして次の人の手番へ。
これを繰り返し、誰かが得点ボードを1周したら、スタートプレイヤーの右隣りの人まで手番をやってゲーム終了。
最終得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

得点ボード
スタート時、袋の中には各色5枚の5コイン。
もちろん黒も入っています。
タイルを眺めると、青が3枚や金・銀2枚など必要なコインが描かれています。
市場タイルは消えないので、いつでも使用可能。
同じコイン3枚の両替商と3枚ばらばらの市場監視人です。

スタートプレイヤーはママ。
私は最後手番なので、他の人のプレイを見本にw

袋からコインを3枚引くだけなので、とても簡単。
問題は、引いたコインをどう振り分けるか。
特に偽コインの黒を引いてしまうと、使えるコインが2枚だけ。
必要なコインは数あれど、引けなきゃ仕方がない。
とりあえず、誰も手付けしていないタイルにそっと置く。
コインは5枚ずつあるのだから、引ければ達成出来るはず。

・・・ところが、みんながカラフルにコインを引いていく中、私はまったく引けない色が1色。
それは青!(青というか青緑というか)
いまだに1つも出てこない。
出てこないということは、そのうちどばーっと引けるチャンス!

使ったコインは自分の人物タイルの上に重ねていくので、誰がどの色を残しているのか一目瞭然。
貴重なのは白コインで、オールマイティだけど使い捨て。
でも欲しい。

タイルは得点も入ってくるけれど、効果もかなり良い。
白いコインがもらえたり、追加でコインを引けるバラっぽい赤いトークンがもらえたり。
この追加で引けるのが、ここぞという時に役立つ。

このゲーム、ボードにも注目しないといけない。
ボードを1周するとゲームが終了する。
マスには良いことや悪いことが描かれていて、止まれば発動。
ただし、他の人がいて、その上に乗る形なら効果はない。
商品で決算が発生するたび、マーカーを動かしていくけれど、マスによってはさらに進めるマスもある。
得点がそこまでじゃないのに、強制で進んでいってしまう。
もうちょっとだけ待って!状態w

使ったコインは、手番で回収することが出来る。
でも回収しているなら、袋の中を増やして引き続けたい。
たとえ黒ばかりでも!

ゲーム終盤になり、やはり出てこない青。
金と銀なんて、あっという間に出てきたのに。
この最終局面で青ばかり引くというのが、かなり効果的。
追加の2枚を含め引いてみると、青が4枚あったり。
おかげで、すぐにタイルを獲得出来ました。

そして、誰が終了フラグを切るのか攻防が発生している中、おやじさんがゴール。
続いてトド吉もゴールでゲーム終了。
最終得点計算をしてみたら、私が勝ってしまったというw

どのタイルを取ろうか悩んでいるだけでなく、得点ボードにも気を遣わなきゃいけない。
止まったマスによっては、黒キューブを受け取らなきゃいけない。
とはいえ、袋から何をどの程度引いたのか見えるので、早めのタイミングで戻すのは有効だと思います。