・ピココ
 Pikoko(Brain Games:2018)


ピココ

自分のカードだけが見えない中で、誰が何トリックとれるのか予想して賭けていくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

各プレイヤーは、カード立てになっている孔雀を受け取ります。
プレイ人数に合わせて、使う数字を調整します。
ゲームは3ラウンドで、各ラウンドは4つのフェイズに分かれています。
最初は、カードを配ってセットする準備フェイズ。
カードを裏向きでよく混ぜ、各プレイヤーに8枚ずつ配ります。
配られたカードは、表を見ずに自分の孔雀に差し込みます。
残ったカードは山札とし、一番上のカードをめくって切り札を決めます。
次に入札フェイズで、他のプレイヤーがいくつトリックを取るのか予想し、スタートプレイヤーから順にトークンを賭けていきます。
最後にカードで自分自身への入札をしたら、次のフェイズでトリックテイクをやっていきます。
手札すべてがプレイされたら、最後に得点計算をしてラウンド終了。
これを3回やり、もっとも得点の高かった人が勝者になります。

配られたカードを見ないように孔雀に差し込む。
なるほど・・・他2人のカードは見えるけれど、自分のは見えない。
おしり
見えているのは孔雀のおしりだけw
カードのプレイも変わっていて、左隣りの人のカードをプレイするのです。
自分が誰に何個トリックを取るのか賭けているので、そこを意識しつつカードをプレイ。
これなら勝てるだろうと思っても、見えない自分の手札が一番強いこともしばしば。
最初のラウンドは、全員の賭けている数が同じだったこともあり、半ば協力ゲーム。

「あぁ!それは!」
「ん?え?これは?」
「あ、いや何でもない」

自分のだけが見えない不安。
しかも他の人が私のカードを出すことで、もしかして?が出てくる。
使っていないカードがあるので、おおよその予想は出来てもはっきりわからない。
つまり・・・もどかしいw

最初のラウンドは、トークンもカードも全員当ててしまう結果に。
まぁ3人だとこうなるのかも。
でもそれじゃ面白くない。
どこかで出し抜きたいわけで、その考えはトークンの数に影響する。
ところが・・・
いたるさんとトド吉は同じようなトークンの賭けかた。
私だけが違う。
途中までは上手くいっていたはずなのに、終盤で取りたくないトリックを取らされたり。
そして最終ラウンド。

「みんな同じじゃつまらないよね」
「得点が横並びになっちゃうよね」

そんなことを言いつつも、だいたいは同じになっちゃう不思議。
順番にトークンを置いていくので、置かれた数も参考になるとはいえ判断に困る。
色が枯れてからが割と熱い。
出す順番を間違えないようにしていたのに、最後の最後で失敗。
得点計算をしてみたら、勝者はトド吉。

なんだかもう、すごくモジモジしちゃうトリテ。
自分のが見たい、自分のは自分で出したい!
なのに見えないし出せないもどかしさ。
自分とは違うカードの出し方をされるし、予想は簡単に裏切られるしw
5人まで出来るので、5人くらいで遊んだほうがおもしろいと思う。
3人は狙いがかぶりすぎて、出し抜けないとつらいw

ピココ 日本語版
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
2018-08-25