・ローランド
 Das tiefe Land(Feuerland Spiele:2018)


ローランド

羊を増やしつつ、堤防を建設して高潮から農場を守って得点を獲得するボードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

テーブル中央にゲームボードを広げ、その横に羊市場を置きます。
農場タイルを種類で分け、よく混ぜてディスプレイをつくります。
各プレイヤーは選んだ自分色のコマセットと個人ボードを受け取ります。
資源カードを裏向きでよく混ぜて、ゲームボード上で所定の位置に置き、各プレイヤーに最初の手札として4枚ずつ配ります。
ゲームは、3ラウンド6フェイズを3回繰り返します。
最初に潮の変わり目で、各プレイヤーの手札上限確認・洪水カードの配置・洪水コマの配置をやります。
続く労働フェイズでは、自分の農夫コマを使ってアクションをしていきます。
維持フェイズでは、羊の繁殖や収入、農夫コマの回収などを行います。
労働フェイズと維持フェイズをもう1回ずつやったら、満ち潮フェイズへ。
堤防の持ちこたえチェックをし、再び潮の変わり目からはじめます。
この流れを3回やり、最後に高潮チェックをしてゲーム終了。
もっとも得点の高い人が勝者になります。

SPONSORED LINK

このゲームでは、潮の変わり目・労働・維持・労働・維持までを1つの流れとして、これを3回。
普通に言われている『ラウンド』とは、ラウンドの概念が違うというか。
でもゲームボードの端に進行トラックがあるので、そこを見ればわかりやすいです。
基本的には、自分の農場ボードにタイルを配置しつつ、羊を増やします。
特に高潮被害に合わないためには、堤防を高く建設していかなければなりません。
ただし、高潮で洪水になっても良い人は、堤防建設を手伝う必要がないかもw

最初は洪水チェックから。
実際に堤防が決壊するかどうかまで、労働と維持が2回あるので、横目で見る程度の序盤。
何はともあれ、自分の農場ボードを埋めるためには羊を飼うための柵が欲しい。
でもタイルで埋めれば、万が一洪水が発生しても被害が少ないんじゃない?的な。
使う農夫には数字が振られていて、その数字とタイルの数字が連動。
欲しいタイルはどれか、どの農夫を使うか真剣。
とはいえ、手番がきた時には欲しいタイルは残っていないわけでw

とりあえず、水場や木を残しておけば得点になるタイルを配置。
タイルでタイルを埋める感じの農場。
トド吉はひたすら羊を増やし、それに合ったタイルを配置している。
境界線を配置すると、収入が増えたりするけれど、そこまで見ている余裕がないというか。
それでも少しだけ羊を増やして売ったり。
維持フェイズで羊が増えるので、最低2匹いれば増えていく。
でも本当に最小限。

ゲームが後半にさしかかると、今まで何とかなってきた洪水の恐怖が襲ってくる。

「誰か堤防やりなよ」
「必要な人はやらないと」
「これ洪水きちゃうかもよ」

みんな言うだけw
誰かがやればいいけれど、自分は堤防建設に農夫を割り振りたくない。
私は羊が多くないので、むしろ洪水が発生すればいいと思っている派。
でも洪水が発生しなかったら・・・?
そう考えると、少しは堤防に協力しておかないと、堤防点が入らない。
そして、この中途半端がよくなかったw
満ち潮フェイズで、当然のように最下位の私は何ももらえず、他の人がお金をもらっているのを見て、やっぱり欲しいと思ってしまったからw

全員のボードが埋まる頃、ゲームは終了間近。
何せ3ラウンドなので、満足がいく農場が出来る頃にはゲームも終わるのです。
そして見える洪水カード。

「そろそろやばいね」
「羊が全部流される」

トド吉といたるさんが堤防建設開始。
私はいっそ流されろと思っているので加わらず。
でももうちょっとだけ堤防トラックを進ませたかったので、1回だけ堤防を・・・
自分の農場にあるタイルで取れそうな得点は確保した。

(いっそ洪水発生しろ・・・!)

その願いはむなしく、洪水は発生しませんでした。
こうなると、羊を大量に持っているトド吉が圧倒的。
羊の価値を落とそうとしたけれど、2人は価値を高くしておきたいので下がらず。
勝ったのはトド吉。

惜しい・・・
いっそ洪水で流されちゃえばよかったのに!
と思ったのは内緒。
それぞれの思いや考えが堤防に反映してくるので、私は堤防が決壊したほうがよかった。
他の2人は堤防が決壊すると困るほうだったので、今回は決壊しなかった展開でした。
黙々と自分の農場だけ育てられば良いわけではなく、協力してるような雰囲気で堤防を守ったり建設したり、ちょっと違う要素が加わると新鮮でした。
自分の農場に注力してしまうのは、仕方がないと思います。
まぁ、中途半端が一番ダメなんだなって見本になってしまいましたw