・パックンギョ!
 Little Big Fish(The Flying Games:2017)


パックンギョ

自分の魚を成長させたり、相手の魚を食べていくゲームです。
トド吉とプレイ。

4枚のボードをつなげて場をつくります。
お互いに色を決めてすべての魚を持ち、最初に一番小さい魚3匹をボードに配置します。
手番では、自分の魚1匹を2マス動かすか、2匹の魚を1マスずつ動かします。
魚は大きさが同じか、より小さい魚を食べることが出来て、プランクトンを食べることで成長します。
これを繰り返し、相手の魚を先に5匹食べた方が勝者になります。

SPONSORED LINK

私がピンクの魚でトド吉がオレンジ。
まずは最初のセットアップで小さい魚を3匹セット。
あとは手番のたびに、魚を移動させてトド吉の魚を食べていくだけ。

ボード上の配置がよかったのか、どんどん成長していくトド吉魚。
このままでは、私の小さい魚が蹂躙されてしまう。
とはいえ、逃げるくらいならこっちも狙ったほうがいい。

そこでびっくりトークン。
マスに『?』が描かれているマスに止まると、びっくりトークンを引きます。
びっくりトークンはランダムで、裏向きの山になっているので引いてみないとわからない。

「おっ。増えた!」

一番小さい魚が増えた。
通常はボード上の誕生マスまで行かなきゃいけないのでお得。
そして一番小さい魚は沈没船を通過出来るので、移動の時に1マス扱いしなくてすむ。
ただし、沈没船で移動を終えることは出来ないので、その先も考えて逃げる。

トド吉に3匹食べられてからが本番。
ちょっと遠慮していたけれど、食べなきゃ勝てないわけで。
小さい魚で小さい魚を食べていく。

見ればトド吉が、一番大きな魚を登場させている。
同じ大きさでも食べることは出来るので、この魚はほぼ最強。
しかし、欲を出してびっくりトークンを引いたトド吉。

釣られた
「・・・釣られちゃった」
「ぶwww」

なんと漁師に釣られちゃったw
私も巻き添えになったけれど、小さい魚なので問題なし。
ちなみにトド吉、次にびっくりトークンを獲得した時も、漁師に釣り上げられていましたw
私は巻き添えになるだけ。
でも小さい魚を数多く出してあるので、まったく痛くないw

偉そうな顔をした大きい魚がいないチャンスが到来。
小さい魚で小さい魚を食べる。
見ればトド吉の魚はボード上に2匹。
自分の魚が残り1匹になっても敗北するのです。

それでもトド吉は逃げ回りつつ、しっかり一番大きい魚をつくる。
ここからトド吉の魚が増えてきて、泥沼化するかと思われたその時。

「ここで大きくする」

まぁ、大きくしても釣られたら意味ないよねw
プランクトンは4色で、それぞれ1回しか使えない。
これでなかなか大きくすることが出来なかったし、どれを育てるかが悩ましい。

そして終了の時。
私が後ろ側に隠れているトド吉小魚をとったことで、トド吉の魚が残り1匹になって終了。
勝ったのは私。

タイトルは、某お菓子のネーミングっぽい。
相手の魚が減ってきたタイミングで食べることがかなり有効。
今回は、びっくりトークンにかなり助けられましたw
『その時』を逃しちゃうと膠着するかな?と思ったけれど、そんなこともなく。
地道に減らし減らされで終了しました。
ルールは簡単で、すぐにゲームを始められる程度には手軽でした。




新品ボードゲームパックンギョ! 完全日本語版 (Little Big Fish) 駿河屋