・世界冒険:秘宝探索
 Adventurer's Kit: Expedition(Shepherd Kit:2018)


秘宝探索

専門家チームを派遣し、文明の宝探しをして得点を獲得するカードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

探索員と出来事のカードをよく混ぜて各プレイヤーに5枚ずつ配り、残りは山にして冒険デッキをつくります。
遺物カードをよく混ぜて山にし、8枚を表向きにして、各文明ごとにまとめて数字順に並べます。
終了条件を達成するまで、各プレイヤーは順に手番を行っていきます。
手番がきたら、冒険デッキからカードを1枚引いて手札に加えます。
次に行動で、手札を入れ替える隊員交代・手札から探検隊を自分の前に出す探検隊派遣・派遣隊を
州へ派遣して宝探しをするの中から1つを実行します。
最後に、各州の残っているカードをチェックして手番終了。
次の人の手番へ。
終了条件を達成したら、探索隊を派遣している人は最後の宝探しをしてゲーム終了。
獲得した遺物の得点とボーナス点を加算し、もっとも得点の高い人が勝者になります。

遺物はランダムで出てくるので、どの州のものが出てくるかはわからない。
基本的には、探索隊員カードを自分の前に出していき、遺物を獲得するために必要なマークが揃ったら獲得。
その後、出していたカードは捨て札の繰り返し。
途中で出来事カードが出てきたら、即座にイベント発生。
遺物はゲーム終了時に、同じ州のもの・州別に多い人・四大州揃いなど、ボーナス得点も入ってくる。
でもまぁ、そこまで意識している余裕はなく、出来るだけ得点の高い遺物を狙う感じで。

見ればトド吉といたるさんは、同じ州で取り合っている。
じゃ誰も手をつけていない州狙いかな。
何にせよ、探索隊員が揃わなきゃ話にならないわけで。
引いて、出すの繰り返し。
揃ったと思ったら、宝探しに出発。
同じ州の遺物は重なって置かれているので、上から順に探索していくのです。
必要とされる隊員がいれば、どんどん探索。
もう無理となったら、それまでの遺物を獲得して終わり。
誰かが宝探しをしてくれれば、遺物が増えるのです。

遺物カードに描かれているものを眺めては、その古さで盛り上がったりしつつ、あっという間にゲーム終了。
引いて出して、タイミング狙って宝探しなので、3人だとかなり早い。
勝ったのは私。

箱にイヌが描かれているので、それだけでも満足w
ゲーム内容も手軽な探索ゲームなので、悩ましさというよりタイミングを見切って宝探しかな。
探索に行く隊員は、それぞれの前に並んでいるので、どこで探索を終えるのか、続きを自分が狙えるかとか。
集中して飽きずに遊べたし、楽しかった。
カードにもイヌやネコが描かれていて、とにかく表情が可愛いです。
台湾のゲームって、イラストが日本人向けだよなぁと思うのでした。