・くるくるマジョリン
 Saus und Brau's(Zoch:2018)


くるくるマジョリン

魔女が飛んだ道の材料が描かれている本を探し、材料を集めていくボードゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

大きなボードには道が描かれ、外周には材料の1つが描かれている本があります。
各プレイヤーは、5つの材料を置く魔女の釜を持ちます。
ゲームは、誰かが終了条件を満たすまで、順番に手番を実行していきます。
手番がきたら、魔法の杖でマジョリンのほうきをつつき、少なくても1回転させます。
止まった方向にマジョリンを飛ばし、次の穴まで移動させます。
マジョリンが移動した間に材料があったら、その材料が描かれている本を開きます。
正しかった場合、その材料を獲得し、自分の魔法の釜に置きます。
間違えた場合、その材料を他の材料のマスに移動させます。
そして手番は終了で、次の人の手番へ。
これを繰り返し、誰かが自分の魔法の釜に材料を5つ置いたら、その人の勝利でゲームが終了します。

ザ・記憶ゲーム。
周りの本には何が描かれているのか、誰も知らない状態でスタートです。

まずは魔法の杖で、マジョリンをくるっと・・・あれ?力加減が難しい。
1周しなければ、もう一度。

軽く・・・そっと・・・力を入れすぎないように・・・

今度はちゃんと回ったw
止まった方向にマジョリンは飛んでいく。
間にあった材料はクモ。
今のところ出ていないので、行き当たりばったりで本を開く。

「ここ!」

はずれw
でもクモはここにあるのをがんばって覚える。
これを繰り返していくだけ。
でも、記憶ゲームにありがちな、違うことをやると忘れるの法則が発動するのです。
マジョリンを回すことに真剣すぎて、いざ材料が決まってもどの本なのか確信が持てない。
まぁ、序盤だしね。仕方ないよね。

通常は1冊の本で済むけれど、2冊同時に開かなきゃいけない材料があります。
それがサラマンダーとヘビ。
ここだ!と思う本を2冊同時に開き、両方に描かれていれば成功。
失敗すると、2冊の本を入れ替え。
覚えていたのに移動してしまうw

いい年した大人が4人で遊んでいるのに、なかなか材料が集まらない。
収束性の悪さをいかんなく発揮。
そんな中、実力を発揮したのが魔女っ娘ママw
「もう、みんななんでわからないの?」と、どんどん当てていく。
おかしい・・・覚えていたはずなのに。

それでも後半はさすがに覚えていて、むしろ覚えている本と同じ材料の方向にマジョリンが飛ばないことのほうが問題w
しかも材料が少なくなってきたので、マジョリンの飛行距離が格段に上がっている。
そして、魔女っ娘ママが5つ目の材料を獲得し、ゲームは無事に終わりましたw

マジョリンを回すことに神経がいきすぎ。
強すぎると座礁するし、きれいに回転してくれない。
コツを掴めば、スムーズに回るんですけどね。
その間に、覚えていた本の内容を忘れたり、交換されて追い切れてなかったり。
簡単なのに脳が疲れるゲームでした。
ゲーム終了間近に焦って何も出来ず、他の人にチャンスを与えてしまうのはお約束w