・モンスタースラップ
 Monsterslap(Ravensburger:2018)


モンスタースラップ

逃げ出したスライムモンスターを出来るだけ捕まえるゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

箱の中には、どのモンスターを捕まえるか指定するルーレット。
各プレイヤーは、ねばねばハンドを持ち、同じ色のスライムモンスターを自分の前に置きます。
街のモンスターをテーブルに置き、中央にゴミ箱を置きます。
手番がきたらルーレットを回し、表示されているモンスターを一斉にねばねばハンドで叩きます。
自分のモンスターが表示された時は、ゴミ箱を叩きます。
獲得した人の得点マーカーを動かし、次の人がルーレットを回してゲームを続けます。
これを繰り返し、誰かの得点マーカーがはしごまできたら、その人の勝利でゲーム終了です。

その名も『ねばねばハンド』
手の形をしていますが、よくのびる。
そして、確かにねばねばしています。
取っ手を持ってモンスターを叩こうと思うと、びよーんってのびるあれ。
これでいかに上手くモンスターやゴミ箱を叩いていくかというもの。
そりゃ、楽しくないわけがないw

ルーレットが回り、そして止まる。

「あのモンスターどこ!?」

一斉に対象のモンスターを探し、見つけたと思ったらねばねばハンドをびたーん!と・・・

モンスタースラップ
「よし!」

そんな上手くいくことはなくて、たいていは誰かとかぶる。

「あー!」
「あぁ!」

2人の手が同時にくっつく。
こういう時は、そっと引っ張り合って、最後まで持っていたほうの物になるらしい。
無理にやると手がちぎれそうなので、ゆっくりゆっくり慎重に・・・

「やったー!」
「がーん!」

そんな感じでゲームが進むわけでw
ところが、引っ張り合いしていたら、両方のハンドが離れて落ちることもあるわけで。

夢中になってハンドを投げていたら、あっという間にゲーム終了。
勝ったのはトド吉。

正直、夢中になってモンスターを取っているのが楽しすぎて、得点を気にしていませんでしたw
アクションゲームは、夢中になれるし楽しいから好き。