・たべちゃうぞ
 All You Can Eat(Amigo:2017)


たべちゃうぞ

全員同時に動物カードをプレイし、食物連鎖を利用して得点を獲得していくカードゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

各プレイヤーは1色を選び、9枚のカードを手札として持ちます。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドは9ターンからなります。
各ターンは3つのステップに分かれていて、まず手札から1枚選んで自分の前に伏せて出します。
全員が出したら、一斉に公開。
次に出されたカードで動物の捕獲を行います。
最後に出した動物で得点を獲得してターン終了。
これを9ターン繰り返すと手札がなくなりなり、ラウンド終了。
得点を記録し、自分のカードをすべて回収して次のラウンドを始めます。
プレイ人数分のラウンドをやり、もっとも得点の高い人が勝者になります。

SPONSORED LINK

カードの内訳は全員同じ。
一番多いのがミミズ。
でもミミズはトリに食べられ、トリはネコに捕獲される。
ネコはイヌに追い立てられ、イヌはノミに負けてしまう。
最強なのはノミ。
でもノミとイヌは1枚しかないのです。

他の人とかぶっても、捕獲はスタートプレイヤーから順番。
何も捕獲出来ないと、出したカードは次ターンへ持ち越しで、テーブル中央に置くことに。
4人プレイなので、一番良い形は、ミミズから順に全員が別のカードを出し、自分がノミを出すこと。
その時、前ターンからの持ち越しカードがあると、尚良し。
狙っても簡単にはいかないもので。

まずは1枚。
みんな枚数が多いミミズ出してくるかな?
それを狙ってトリを出してくる人いるかな?
だったらネコだ!

「せーの!」

「あー!」

ミミズはいたけれどトリがいない。
しかもネコかぶりw
ミミズもネコもテーブル中央へいってしまうのです。

こうなると次が熱い。
ミミズがテーブル中央にいるから、トリを出せば確実にもらえる。
でもそれをさらに捕獲するならネコで、テーブル中央にネコがいるからイヌもあり。
獲得出来るカードを考えると、誰かがイヌを出してくる可能性は高そう。
となると・・・ノミか?ノミなのか!?

・・・というのを悩んで選んだのはノミ。

「せーの!」

「あ゛ー!イヌがいない!」

見事におやじさんとかぶりまくりw
ノミは誰にも捕獲されないので、そっと横に置いておくだけ。
このかぶり方、最後までかぶりそう・・・どこかで避けないと。
わくわくしかない。

「せーの!」

「あ、あ、あ、あー! きれいに決まった!」

一度だけ、ノミを出した時にきれいな連鎖が出来た瞬間。
声に出して連鎖を確認していく。

「ミミズはトリが食べるでしょ」と、ミミズカードをトリの下へ。

「トリはネコにやられちゃうでしょ」と、トリが持っているミミズごとネコが取る。

「ネコはイヌに追いやられちゃうでしょ」と、増えたカードをまとめてイヌの下へ。

「ノミでいただきー!」

しかもテーブル中央に前回のカードがあったので、これで一気に捕獲。
手を挙げて大喜びしましたw
こういう瞬間があると、一気に得点を獲得出来るのもいい。

何これ、おもしろい! 楽しい!

そもそもバッティングゲームは好きだけど、この感じがたまらない。
良さがぎゅっと濃縮されている感じ。
それでいて手札が9枚で4種類しかないので、悩むポイントが少なくていい。
だからこそ、すごく悩んで結果を出す過程も楽しい。
カード勢揃い
動物たちがどれを捕食するのか、そこもわかりやすく出来てるし。
ミミズの得点が一番高いのもいいね。
基本的にはげたかライクなゲームは好みだけど、その中でもこれはすごく面白かった。