・エモジート(エモジト)
 Emojito!(HUCH!:2016)


エモジト

カードに描かれた感情(?)を顔と音で伝えるゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

このゲームでは協力モードの他に、対戦でもプレイ出来ます。
1人が出題者となり、他全員が解答者になるのが協力モード。
ゲームボードをテーブル中央に置き、時間とプレイヤーのトークンを1つずつ、スタートラインに置きます。
各プレイヤーはそれぞれ、解答ダイヤルを受け取ります。
カードをよく混ぜ、1つの山にしておきます。
手番では出題者となり、カード山の上から1枚引いて自分だけが確認します。
指定の方法で、カードに描かれている感情を他プレイヤーに伝えます。
さらにカード山から6枚引いて、表現したカードを加えてよく混ぜ、ゲームボードの周囲に並べて公開します。
他プレイヤーは、正解はどれなのかダイヤルを回し、手番の人は正解をダイヤルに表示させ、それぞれ自分の前に伏せておきます。
一斉に公開し、正解者の数だけトークンを進ませ、不正解の数だけ時間トークンを進ませます。
次のプレイヤーが出題者となり、手番を開始します。
これを繰り返し、ボードを1周すると得点を獲得し、時間より先に6点獲得したら勝利。
時間が先に6点獲得したら、プレイヤーたちの敗北です。

今年のドイツ年間キッズゲーム大賞ノミネート。
顔か音で感情を表現する。
これが難しい。

「感情って何・・・?」

カードを見つめ、描かれている動物がどんな感情なのか。
それをみんなに伝えて、わかってもらえるのか。
実はかなりの演技性を求められているんじゃ・・・?

ということで、何はともあれゲームスタート。
顔か音のどちらで表現するかは、プレイヤーのトークンがある場所。
スタート時だけは、どちらでも選べます。
ここは・・・やっぱり顔でしょ!

・・・まぁ、見るも無残な変顔になるわけでw

カード山から6枚引いて、カード全部を混ぜて並べる。
私だけは正解を知っている(当たり前)。
問題は、カードを表向きで並べていくと、同じような顔してる動物が出てくること。
それが2枚、3枚になると当ててもらえるかは奇跡。

「わかった?」
「わかんないよー」
「え?どれだよ」

それぞれ自分のダイヤルを回して数字をセット。

「せーの!」

「4番!」
「5番!」
「えー!?」

とまぁ、時には誰にも当ててもらえないこともあるわけで。

3人プレイだと、どんなに正解しても一度にコマが動くのは2マス分。
1周しないと得点としてカードがもらえない。
そう・・・長いのです。
7人プレイ可能なので、5人とかで遊ぶと一瞬だとは思うけれど、3人はさすがに長い。
対戦にすればよかったけれど、まずは基本的なルールを遊んでみないと。
ということで、1周ではなく、1回あたるたびに得点を獲得していく方式に変更。
これならやる気が持続するw

「音!?」
「音で感情って何?」
「うわーんとかはダメだよね」
「ため息とか唸りとかで表現って書いてあるよ」
「音の時は目を閉じるんだって」

カードを見ると、ため息つくような表情してない。
顔なら・・・顔なら簡単なのにw

こんな感じでゲームは進んでいき、時間より先に6点獲得したので一応勝利。
終わったあと、いたるさんが言った言葉。

「つらかった・・・」

これには大爆笑w
その気持ちはよくわかる。
でもつらさを出さずにちゃんと遊んだから、偉いと思うのでしたw

emojito
Urtis Šulinskas
Huch & Friends
2017-05-01



新品ボードゲームエモジト (Emojito!) 駿河屋