・センチュリー:イースタンワンダーズ
 Century: Eastern Wonders(Plan B Games:2018)


センチュリー:イースタンワンダーズ

船で島々を移動して取引所を開設しつつ、収穫や交易でスパイスを入手して、勝利点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

センチュリー:スパイスロード』に続く、シリーズ2作目。
今回はタイルを並べて、島々のタイルを並べて場をつくります。
各プレイヤーは自分用のボード、船、取引所コマを受け取ります。
スタートプレイヤーを決め、手番の逆順で最初のスパイスを取ります。
ゲームはラウンド制です。
手番がきたら、まず船を無料で1マス、2マス以上はコストを払って移動させることが出来ます。
次に3種類のアクション(市場・港・収穫)から1つを選び、実行します。
その後、保有するキューブの数をチェックしたら手番終了で、次のプレイヤーの手番になります。
これを繰り返し、誰かが4枚目の勝利点タイルを受け取ったら、そのラウンドを最後までやってゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

SPONSORED LINK

基本的には船を動かして、誰かいたらキューブ払う。
1マスというか1タイルは無料だけど、それ以上はキューブ払う。
まだ取引所を置いていないなら置ける。
取引所は自分のシートに並んでいて、島に描かれたスパイスと同じ場所から取っておく。
どんどん置いていくと、シートの取引所跡地には書いてある得点が出てくる。
さらに縦1列すべてなくなると、ボーナスタイルがもらえる。
自分の倉庫にキューブというかスパイスがあって、タイルに描かれている効果でスパイスを交易したり。
倉庫は10個までで、拡張可能。
港には得点になるタイルが置いてあり、港へ行って必要なスパイスが払えれば達成。
タイルは書いてある数字がそのまま得点。
何も出来ることがなくても、収穫で黄色いキューブ2個はもらえる。
センチュリー:スパイスロード』とは、かなり違うかな?という印象。
これは・・・早く取引所を置いていかないと、先に置かれると余計なコストが発生してしまう予感。
トド吉がスタートプレイヤーで、ゲームスタート。

まずはお互いにスタート位置から近いところで、スパイス交易開始。
空いているタイルだらけなので、移動は1マスでも足りる。
移動したら取引所。
自分ボードからタイルのイラストにあった取引所を取る。
とにかくスパイスを交易して、取引所を置いていく。
タイルの並びで、なかなか縦1列が空かずに、同じスパイスの場所から空いていくのは仕方なし。
トド吉が早々に縦1列を空けてボーナスタイルをもらっているけれど、私は少し遠そう。
ならば、得点タイルを狙って港アクション選択。
20点があったので狙っていたけれど、周りはトド吉の取引所ばかり。
しかもトド吉の船がうろついているので、近付けない。
まぁ、14点でも上々よねと自分に言い聞かせ、自分の取引所が周りにある場所をうろうろ。
そして、港アクション。
勝利点が入ってくると、何となく安心するw
そして、ボーナスタイルは移動が+1を選択。
これで少し楽になるはず!

ちなみに、勝利点のタイルは早い者勝ち。
誰かが達成すると新しいタイルが出てきてしまうので、集めていたスパイスが無駄になって悲鳴をあげることも。
勝負はまだまだ序盤。
ここから走って行く・・・予定!

ゲームが進んでも2人プレイだったので、お互い干渉せずに細々とスパイスを倉庫にいれていく。
より上位のスパイスにしつつ、次の手番ではさらに下位交換でスパイスを増やす。
倉庫10個って、あっという間にいっぱいになっちゃうのよね。
狙っている港があったけれど、どう考えてもトド吉より1手番多くかかりそう。
ならばこだわらず、近い場所での交易を行っていく。

お互いに黙々と取引所を増やしていくので、たまに聞こえるのは悲鳴という感じw
とにかく、常にスパイスが1個足りない状況になりやすい。
何もやらないと、どんどん差がついてしまう気がする。
そういう時は収穫。
とりあえずキューブ2個もらえる。

見ればトド吉のボードから、どんどん取引所が消えていく。
これはまずい・・・差が広がるばかりだ・・・
だったら勝利点だけを狙っていくしかない。
でも出てくるのは平均12点くらいのタイル。
配置していない取引所も多いから、出来るだけ得点の高い港タイルが良かったのに。

そして、気付けば4枚目のタイルを達成してしまい、ゲーム終了。
得点計算をしてみたら、ものすごい僅差でトド吉の勝利。
コストの支払いを気にせず、強気でいかないとダメだったか・・・w

私はスパイスロードより、こっちのほうが好みかな。
ゲームはかなりスピーディー。
いつの間にか夢中になっていて、常に効率の良い動き方を探していたような。
それだけに、移動先や支払うコストの計算が発生して、考えてしまうことも。
2人でのんびり遊ぶには、かなり良かった。

そして、このゲームにはもう1つルールがあります。
スパイスロードと合わせて遊べる、大航海時代ルール。
次は大航海時代ルールで遊んでみようと思います。





新品ボードゲームセンチュリー:イースタンワンダーズ 完全日本語版 (Century:Eastern Wonders) 駿河屋