・ファンタスティックパーク
 Fantastic Park(Blue Orange:2017)


ファンタスティックパーク

動物園のガイドとなり、お客さんが見たいと思っている動物を出来るだけ見えるように配置して得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

各プレイヤーは、プレイ人数に応じた枚数のタイルを受け取り手札にします。
ゲームはラウンド制で、スタートプレイヤーから順に、手札から1枚選んで場に配置していきます。
配置のルールは、すでに配置されているタイルに辺が隣接する、もしくは2つのタイルの上に重ねます。
これを全員の手札が1枚になるまで続けます。
最後の手札1枚を公開し、得点を計算します。
手札の残した動物の一番大きい集団を見つけ、その動物が1匹1点になります。
スタートプレイヤーを左隣りに回し、新しい手札を配って次のラウンドを始めます。
これを繰り返し、次ラウンドのためのタイルが足りない場合、ゲーム終了。
もっとも得点の高い人が勝者になります。

SPONSORED LINK

見た目はファンタスティックなのに、中身はしっかりしたタイル配置。
箱絵からはわからないw
今回は2人プレイなので、手札は5枚。
1枚は得点計算に残すので、配置出来るタイルは4枚。
序盤はまだタイルも少ないので、お互い狙う得点源も同じだったりする。
あまりに協力的すぎると、疑問が出てくる。

(もしかして、残してるのは同じ色2つのやつ・・・?)

だったら、そこそこで切って、自分が残そうと思っている色をのばしていく。

「あ゛!」

予想的中w
最後の1枚をお互いに公開してみると、確かに紫ダブルだったトド吉。
私は紫と青だったので、ちょっとだけ得点リード。
次のタイルを5枚ずつ配り、次のラウンドへ。

ゲームが進むと大きく得点出来るかと言えば、実はそうでもない。
大きすぎて自分が絡めないなら、率先して集団を細かくしていく。
そうなると、自分が狙っている集団も小さくなっていく。
集団といえるほどでもない、3、4枚程度で得点計算になることもしばしば。

重ねられるようになると、集団を切りやすくはなるけれど、切られないように配置していくのも大切。
タイルを2枚使わないと重ねられないので、わざと1枚ずらしたり。
小さな攻防が永遠に続く感じ。

夢中になって遊んでいたら、あっという間にタイルが尽きる。
これが最終ラウンド。
ならば、もう少し得点が欲しい。
1枚置いて、の繰り返し。
その中に、何を狙っているのか予想して、時には便乗したり邪魔したり。
自分の得点がより多くなることまで考えるので、実はかなりガチガチなゲーム。

そしてゲーム終了。
最終的には、1ラウンド目終了時とはまったく違った形でした。
勝ったのは私。

この箱絵にタイルのイラストで、子ども向けののんびりふわふわゲームだと思ったのにw
遊んでる間は、悲鳴こそ聞こえても静かにタイルを置いていくだけ。
それでいてプレイ自体は長くないので、続けて2戦目に行きやすい。
手札の中から、最終的にどれで得点計算するか選べるので、流動的に方針変更出来るのもいい。
見た目に騙された良いゲームでしたw