昨日のメ会で遊んだゲムマの新作たち。
遊んだゲーム
前半の記事はこちら→ ゲムマ新作メ会−その1−
こちらでは後半5ゲームの簡単な感想を書いていきます。

グリーンフィンガーYAMATO GAMES
グリーンフィンガー
並ぶ25枚のカードから、裏向きのカードを1枚取って手札にいれ、2枚の中から1枚を選んで配置していくだけ。カードにはプラス点とマイナス点になるカードがあり、さらに自分の小屋をすべてが表向きになるまでに置かなければ得点にはならない。得点は小屋の周囲か縦横ラインのいずれかを自分で選択した上で配置する。2人とも気が短くて、2枚程度高得点の花カードが出た段階で小屋を置いて、あとは出来るだけ得点が高くなるように、相手のマイナスを消されないように手札で止めたり。1ゲームが短いので、繰り返し遊ぶのにいいし、ソロプレイも可能。

年金のしくみまよあじ
年金のしくみ
年金・会社・会社員・老人のカードが三つ巴ならぬ四つ巴。そこをうまく出し抜いてチップを獲得していく。2人だとカードがありすぎ感がしたので、カード枚数決めるルールを選択。さらにダミーを1人入れて遊んだけれど、かなり締まっていい感じ。誰が何を何枚残しているか計算しつつ、年金を根こそぎ奪いにいって失敗したり。(悲鳴が)楽しかった。

こびとあつめまよあじ
こびとあつめ
小人10点分をいかに早くためるか。自分の前にカードを出さなきゃいけないのに、出したら奪われたり捨てさせられたり。同じサークルのみつばちのゲームと同じ感じで膠着するかな?と思ったけれど、ダミーを入れた3人なら大丈夫だった。攻撃を受けた時にいかに守れるかが鍵。

顧客が本当に必要だったものゲーム反社会人サークル
顧客が本当に必要だったもの
タイトルからは想像がつかなかった、木を育てるゲーム。全員が同じカード内容の中、自分の山札をつくってそこから手札補充していく。1枚はとっておくことが出来るけれど、出したくないなら捨てるしかない。条件達成を狙うためには我慢も必要。顧客が本当に必要だったのは、ブランコならぬ赤いソファーでした。おもしろかったw

クエストREクエストしらたまゲームス
クエスト RE クエスト
タイトルと怖いしらたまの顔で、てっきり何か謎を解くのかな?と思って秋から積んでました。まさかダンジョン探索にいって宝石持ち帰るのは誰か賭けていくゲームだとはw お互いにどのキャラにどの程度賭けているかは非公開。カードの出し方で予想しつつ。前半で低い数字と0を使って様子を見て、後半で本星狙いでカード配置。手軽な心理戦要素があっておもしろかったです。


今回は以上になります。
どれもゲームの持ち味というかテーマというかが感じられ、ゲームにも組み込まれていて、遊んでいて楽しい。
変な疲れが出ない(w
まだまだ知らなくて楽しいゲームが埋もれているんだなぁというのが、正直な感想です。
あと、しらたまの顔が怖いよ!w