今日はゲムマの新作を遊びました。
その名もメンマさんと2人で遊ぶ、通称「メ会」(勝手に命名)です。
先月に引き続き、付き合っていただきました。
今回は、ゲムマ春・秋の新作の中から10ゲーム。
遊んだゲーム
まずは前半戦5ゲームの簡単な感想です。

天下鳴動77spiele
天下鳴動
こういうテーマのエリアマジョリティは、たいてい重量級で遊ぶまでの気合いが必要。そこをダイスで場所と個数を確定させ、得点計算で援軍を盛る。わかりやすくて実プレイ時間がかなり短いという、素晴らしい仕上がり。何と言ってもルールブックの読みやすさ。その場で読んですぐ遊べるという良さ。ファラオの帰還を遊んだ時のことを思い出しました。
遊んだ後、どのイラストレーターに絵を描いて欲しいのか盛り上がったことは書き記しておきますw

ハチャメチャ家来とおにたいじおゆうぎ会
ハチャメチャ家来とおにたいじ
持っているきび団子を使って家来を手に入れ、いざ鬼退治。鬼の強さはランダム。自分が親の時に家来を並べるけれど、どこならきびだんごを払ってもらえるか。自分でも良い家来を手に入れたいわけで。3種類のステータスをあ気にしつつ3匹の家来で鬼退治。あとは家来の得点稼ぎをしてました。2人でも親にきびだんごが渡ることを考えて家来を選ぶ妙はあったけれど3人以上がいいかな。

イヨマンテTGGA豊富ドイツゲーム協会
イヨマンテ
カードを順番に出していき、合計数字の多い人が獲物を入手する。出したカードを手札に戻せるカードを効果良く使って手札補充したり。とにかく手札が偏ってしまい、ウサギすら取れないw 何とか2匹の獲物を獲得はしたけれど、見るも無惨な狩りでした。相手が何を考えているのか読み切るつもりがバッティングした時は笑うしかない。カードの偏りから逃げられなかったので3人以上がいいかな。

くだものフレンズComet
くだものフレンズ
毎回7枚のカードを分配し、自分が最後にカードを入手。果物は枚数によって得点が変わる。分配&セットコレクション。2人だったので残りは捨て札に。分配する時点で楽しい。何を何枚集めているかを気にしながら分配し、自滅してもらうのを狙う。でも逆にやられてしまうわけで。バナナで最高点を狙ったのに、分配されたすべてにバナナが入っていて0点になってしまった衝撃。バナナ負けw

答えてミ〜ナホットゲームズ
答えてミ〜ナ
3つのキーワードに適した答えを考え、誰よりも早く発言。使ったキーワードのカードから1枚を得点として獲得。最終的に得点の高い人が勝つゲーム。キーワードによって得点配分が違うので、全部1点の時と3点がある時では、答えを考える真剣さが違うw 「それは審議案件かな」「それはいいね!」「それがあった!」と自然に盛り上がるし、意外に言葉を知らないことを実感出来る。ワードゲームは多いけれど、得点配分が違っているだけで雰囲気が変わる。イラストの可愛さもあって子どもと遊ぶのにもいいね。


後半へつづく