・ミスター ウルフ
 Mr.Wolf(Blue Orange:2018)


ミスター ウルフ

オオカミがくる前に、動物たちをそれぞれの小屋へ帰すゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

農場には、裏側に花が描かれているチップ。
表側にはさまざまな動物たちが描かれています。
オオカミは通り道に置き、小屋を4つ並べます。
小屋の屋根にタイルを置くことで、その小屋に入れる動物が指定されます。
手番がきたら、チップを1枚選んで表にします。
めくったチップが、小屋に描かれたいずれかの動物と一致していたら、その小屋に入れることが出来ます。
オオカミが出たら、オオカミを農場に向かって1歩前進させ、チップを裏向きに戻します。
いずれの小屋とも一致しない、または小屋に入れなかったチップは、表向きのまま置きます。
そして次の人の手番へ。
これを繰り返し、すべての小屋が動物で満たされたと思ったら、すべて公開して確認します。
合っていれば全員がゲームに勝利し、間違っていたり足りなかった場合はオオカミの勝利。
オオカミが農場に到着したら、オオカミの勝利です。

SPONSORED LINK

基本的にはチップめくって、小屋に入れた動物を覚えておくゲーム。
今回は上級ルールで、小屋の屋根に置いたタイルには、3つの動物が描かれています。
イラストもかわいいし、子供向けなのかな?と思い、軽い気持ちでスタート。

チップをめくる。

「げっ!オオカミ!」

まさかの初手オオカミ。
オオカミが1歩前進。
続いてトド吉がめくる。

「オオカミ・・・」

オオカミがまたしても前進。
まさかの二連続。
さすがにもうないだろうと思い、私がめくってみると

「えー!?またオオカミ!!!」

オオカミ3歩前進。
いやこれ、このままゲーム終わるんじゃないの?
そんな空気が漂ったものの、3ヶ所のオオカミを覚えたことで、その後はスムーズ。

「ウシ!ここに入れる」
「OK!」

小屋に入れた動物を覚えておかなきゃいけない。
1つの小屋あたり3つでいいわけだから、簡単に覚えていられるだろうと思っていました。

ところが、オオカミが出て騒いでるうちに、薄れていく記憶。

「ここって、ひよこは何色だっけ?」
「うーん、黄色じゃなかった?」

怪しいので、ここで意見をまとめる。
ここの小屋は何が残ってるか等、かなり真剣w

「そういえば、オオカミって何枚だっけ」
「うーん、覚えてない」

肝心なことを忘れるダメな大人たちw
それでも、何とかすべての小屋に動物たちを入れ、いざ確認タイム。
成功!
やった!成功!
オオカミが残念そうな顔をしているように見えるw

このゲームは4才から遊べるので、1人1つの小屋を担当させると良いかもですね。
イラストもかわいいし。
にわとりやひよこは、色が違っていたりもして錯覚しやすいし。
もっとも、こういうのを覚えるのは子供のほうが得意で、大人のほうが忘れやすいけどw