・クニスター
 Knister(Nurnberger-Spielkarten:2017)


クニスター

シートに数字を書き込んでいき、各列で役をつくって得点を獲得するゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

各プレイヤーは、自分用のシートと筆記用具を受け取ります。
ゲームはいたって簡単で、ダイス2個の出目を合計してシートに記入していくだけ。
各列で役が出来るように記入していきます。
全員が記入したら、次の人がダイスを振って、同じことをやっていきます。
すべてのマスが埋まったらゲーム終了。
得点を計算し、もっとも高い人が勝者になります。

SPONSORED LINK

このゲームはダイスビンゴらしいです。
ダイスビンゴを遊んだのが2008年・・・10年前!?
 ダイスビンゴ http://fu-ka.livedoor.biz/archives/654052.html
そういえば、そんなゲームあった!程度だったので、新鮮な気持ちでスタートw

シートを見ると、狙うは斜め2本。
ここは得点が倍。
そして、最強の役は7がないストレート。
これは狙うしかない!

と思ったけれど、そう上手くはいかないのがダイスなわけで。
最初はどこへ書き込むか、悩んで悩んで書く。
ゲームが進めば進むほど、どこを捨て場にしようか悩んで書く。
欲しかった数字が、諦めた途端に出てくるのはよくあること。

そう・・・よくあること・・・

次第にダイス振り係へ声援が出てくるように。

「5!5お願いしますよ!」
「8だよ、8!」
「ここは6狙いでしょう」

三者三様の泥仕合w
数字を書くマスは25マスなので、あっという間にゲーム終了。
勝ったのはトド吉。

本当に簡単な書き込み式のビンゴ。
狙いすぎてはずすなら、ある程度回避する段階で、より低い得点狙いに移行するか夢を追うかw
当時は「ダイスでビンゴって最高におもしろい!」と思っていたんですよね。
今になると紙ペンゲームが多いので、もうひとひねり欲しかったかな。
でも1つあると重宝するゲームなので、再販されるのはうれしいですね。
そして、どうでもいいことを1つ。
タイトルを見た時に「クニツィア博士がつくった紙ペンゲーム!?」と思ったのは内緒w