・イニシュ
 Inis(Matagot:2016)


イニシュ

自分の氏族を率いて、新たな地で上王を目指すゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

ボードをつなげて場をつくり、各プレイヤーは自分の色を決め、氏族フィギュアを受け取ります。
スタートプレイヤーから順に、自分の氏族を1つ置き、全員が2つ置いて初期配置とします。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドは集会と季節の2フェイズからなります。
フェイズ1の集会では、6つのステップを順に実行します。
新しいスタートプレイヤーを決め、勝利条件を達成しているプレイヤーがいるか確認。
各領地の地勢カードを該当の首長が受け取り、ターン順方向をコイントスで決めます。
各プレイヤーに行動カードを配り、1枚残して残りを回すドラフトを行って手札を4枚持ちます。
フェイズ2の季節では、各プレイヤーが手番を実行していきます。
手番では、季節カードのプレイ・パス・簒奪トークンを獲得のいずれかを1つ実行していきます。
すべてのプレイヤーが連続してパスをしたら季節の終了で、行動カードをすべて捨てます。
そして、次のラウンドへ。
これを繰り返し、誰かが簒奪トークンを持ちつつ勝利条件を達成していればゲーム終了。
もっとも多くの勝利条件を満たしている人が勝者になります。

こういうテーマ性が強いゲームは、独特の言葉があって理解するまでが大変。
だいたい勝手な言葉で言い始めるわけでw
要約すれば、どんどん領地を増やしたり、領地で最多をとったりしつつ、1ラウンドしか持続しない簒奪トークンを手に入れていれば勝利条件を満たしていることになるわけで。
まずは自分の氏族を場に出さなきゃ話にならない。
序盤から紛争してる場合じゃない。
そんなことを考えながら、配られたカードを見る。
場に氏族を出せそうなカードを残してドラフト。
まわってきたカードから1枚選んで、隣りに回す。
そして出来上がった4枚の手札。

あとはカードを使ってアクションするか、パスしてフェイズの最後まで手番を持たせるか。
簒奪トークンは当分いらなそうなのでスルー。
他の人の手番を見ていると、見たことないカードが出てくる。
それを効果と合わせて、しみじみ見学。
序盤からトド吉が首都に氏族を増やしていく。
私はまだ派手に動けそうもないので、近いところで氏族を出して建物を建てていく。
いたるさんとトド吉が近すぎて、早くも紛争が起きそうw

はっきり言って、場が狭い。
下手に他の領地へ入ると、紛争待ったなし。
そんな時は新しい領地を広げるしかないけれど、そのカードがまわってこない。
いたるさんのところで止まっていたという事実。

「そのカードいいね」
「いいでしょ」
「回してよ!」
「やだよ!」

ちぇっ。
各領地は自分が最多だと地勢カードをもらえる。
自分にとって効果がありそうな領地を選ばなきゃいけないんだろうけど、そこを気にしている余裕が序盤はない。
でももらえると効果が使いたくなるわけで。

そして、場が氏族で賑やかになってくると、必然的に紛争が起こる。
数で圧倒してくるトド吉。
カード効果で、入ってきたトド吉の氏族を自分の氏族に入れ替えて最多を維持したり。
喧嘩せずで過ごしたいけれど、そうもいかない。
そう思っていました・・・
でもこのゲーム、土地を広げることが出来るのです。
なので、他の人がはいってきたとしても、マジョリティを譲らなければいい。
むしろ、譲ったとしても、自分のコマがいなくならなければいい。
気付いたのはかなり後半だったわけで。

一度使っていいな、と思えば、そのカードはドラフトに回さない。
抱えてブロックするという方法もあるかも知れないけれど、それだと自分が伸び悩む。
ひたすら全員が自分なりにダッシュしている感じ。
一気に自分の氏族を増やし、もう少しというところで停滞。

「惜しいね。あと少しで勝ち切れたのに」
「でも、あれが足りない。簒奪トークン」
「確かに」

こういうゲームでは空気になりがちなので、たまに派手な自己主張しておかないとw
首都を制してるトド吉はやはり強い。
せっかく減らしたと思っても増えてくる。
いたるさんもかなり増え、さらに増えやすいほうに土地を増やしている。
勝利条件を達成するために、さっきまで私が偉そうにしていた土地にも、トド吉やいたるさんの魔の手が。
何とか挽回する手はないものか考えるも、欲しいカードが回ってこない。
そりゃそうかw
私が欲しければみんなも欲しいもの。

最後はトド吉が条件を達成し、逃げ切って勝利。
想像していたより早かったというか、プレイ時間が短かった。

箱が大きくて、マップの形も変わっていて、使うフィギュアも豪華。
そのせいか、かなり重量級かと思ったらそうでもなかった。
むしろスピーディで、よそ見や日和ってる場合じゃなかった。
最初から強気で勢力をのばしていかないとダメ。
良い意味で想像を裏切ってくれたゲームでした。
この程度のプレイ時間で遊べるなら、密度が濃くていいなぁ。
でも持ち運ぶには箱がちょっと大きいかなw




新品ボードゲームイニシュ 日本語版 (Inis) 駿河屋