・トロール&ドラゴン
 Troll & Dragon(LOKI:2018)


トロール&ドラゴン

トロールとドラゴンが守る洞窟から、ダイヤモンドと金を獲得していくボードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

内箱は中に仕切りがあり、トロールが守るダイヤモンドとドラゴンが守る金塊の洞窟に見立てて使います。
ゲームはどちらかの場所が空になるまで、スタートプレイヤーから順に手番を行っていきます。
手番がきたら、ダイスを4個振ります。
任意のダイスを横に避けて、残りは何回でも振り直すことが出来ます。
ただし、トロールが出たダイスはブロックされ、横に避けて振り直しは出来ません。
好きなタイミングで脱出し、その時点で出ているダイヤモンドを獲得します。
すべてのダイスがトロールになったら、この手番で集めたダイヤモンドをトロールの手に置いて手番終了。
さらに、扉と鍵があれば金塊の洞窟へ進むことが出来ます。
金塊の洞窟では、手番の人は金塊ダイス、手番以外のプレイヤーがドラゴンダイスを持ちます。
ダイス2個がドラゴンの目になるまで、もしくは手番の人が脱出するまでダイスを振り続けます。
ドラゴンの目が2個とも出たら、この探索は失敗ですべての財宝を失います。
手番以外のプレイヤーたちは、トロールの手にあるダイヤモンドと金塊を分けます。
これを繰り返し、ゲーム終了時にもっとも財宝の価値が高い人が勝者になります。

SPONSORED LINK

ダイスを振るなら本気。
まずは全部のダイスがトロールになるまで、ダイヤモンドを手に入れる。
運よく扉と鍵が揃えば、今度は金塊に挑戦だ!

という簡単ルールなので、早速スタート。
ダイス振る!

トロールはいない!

出たダイヤモンドの数だけ、箱の中から取って手元に。
まだ袋には入れられない。
鍵が出ていたので、1個避けて残りを振り直す。

トロールが1個!

でもまだダイスは2個ある。
扉が出れば金塊へ行けるなら、振り直すしかないでしょ!
ということで、ダイヤモンドを箱の中から取り出す。

「扉!扉が欲しい!」

トロールがまた1個。
雲行きが怪しい・・・

「これで脱出する!」

獲得したダイヤモンドをすべて自分の袋の上に。
まぁ、最初から探索失敗は嫌だしw

ところが、欲が出てしまったのか、以降は失敗の嵐。
いたるさんもかなりひどい出目。
そんな中、トド吉のダイス目がすごかった。

「いえーい!ダイヤモンド4個ゲット!」

「またダイヤモンド!」

「おっ。扉と鍵が揃った!」

嫉妬の炎メラメラw
ドラゴンが守る金塊へ進むトド吉。
こうなれば、我々ドラゴン部隊が光の速さでドラゴンを出すしかない。

「よーし・・・スタート!」

「あ!ドラゴン出た」
「えぇ!もう!?」

慌ただしく交互にダイスを振るも、あと1個が出ない。
出ない・・・・

「脱出!」
「逃げられたー!」

金塊少なめにトド吉無事に脱出。
トド吉は満面の笑顔で、ダイヤモンドと金塊を自分の袋へ。

しかし、彼のダイス運はこれで終わりだったという。
早めの脱出も時にはいい。
ということで、今度は私にダイスの神がおりてきた。
貯まっていくダイヤモンドと金塊。
けれどいたるさんは、どうにもダイスの神に見放されているみたい。
むしろ、ドラゴン役の時が一番本気というかw

かなりの量あった金塊とダイヤモンドも残り少し。
最後の金塊は私が取り、ゲーム終了。
袋からあふれそうな財宝を手に、私の勝利で終了。
財宝の山
うん、満足w

ダイスゲームが楽しくないわけがない。
ドラゴン役で邪魔出来るのもいい。
ひたすらダイスを振り通して、終わった後に疲労感が出るほど本気だったことを記しておきますw





新品ボードゲームトロール&ドラゴン (Troll & Dragon) 駿河屋