・帆をあげろ(アレス・アン・ボード?!
 Alles an Bord?!(Abacus:2018)


帆をあげろ

航海士となり自分の船に積み荷をのせて航海に出て、お金を獲得するゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

各プレイヤーは、船ボードを受け取って自分の前に置きます。
すべての装備タイルをよく混ぜ、テーブル中央にまとめておきます。
冒険カードは種類ごとに山をつくり、既定構成のカードを取って裏向きでよく混ぜたら、タイルを囲むように並べます。
ゲームは2ラウンドで、各ラウンドでは積み込みと航海を実行します。
積み込みは、合図と共に並べた冒険カードをめくり、一斉に装備タイルを自分の船に積み込みます。
タイルは片手のみを使って一度に1枚だけで商品は2つ、そして一度置いたら取り除いて戻ることは出来ません。
一番早く積み込みが終わったプレイヤーは、宣言して冒険カードを集めて裏向きの山にし、自分の前に置きます。
積み込みが終わっていないプレイヤーは積み込みを続け、全員の積み込みが終了したら次のフェイズへ。
航海は、冒険カードを裏向きのままよく混ぜますて山にするところから。
そしてカードを上から順に処理し、最後に任務カードの処理が終わったら航海終了。
コインを宝箱にかえて船のタイル置き場へ置き、次のラウンドへ。
2ラウンド終了後、ゲーム終了。
もっとも多くのお金を持っている人が勝者になります。

タイルを大雑把に混ぜたらまとめて置く。
少し山になってるくらいがちょうどいい。
そして、冒険カードを表向きに。
目で追いながら、必要だと思う装備品や商品を片手で取って船に積み込んでいく。
一度置いたら戻せないので、慎重に・・・やってる場合じゃないw
無言でどんどんタイルを見ては山に戻し、これだと思うのを積み込む。

誰かが積み込みを終えてしまうと大変。
もうカード内容を見ることが出来ないので、何となく覚えている範囲で積み込む。

(確かこれ必要だったような・・・)

(あれ?これもう1個必要だったような・・・)

全員が積み込み完了したら、いざ航海へ!
カードをシャッフルして、上から順にめくられていく。
めくるのは最初に積み込みが終わった人。

「めくるよー。はいこれ!」

カードは物々交換形式で、装備を払って商品を入手したり、商品をお金に換えたり。
中でも海賊は、まず対決するか逃亡するか選ぶ。
対決するなら、指定の装備品を持っていなきゃいけない。
倒せれば報酬があるけれど、万が一失敗した場合はあるだけ払い。
ならば対決してしまうのが男のロマン!

・・・いや、女だけど。

海賊に夢中になっていると、最後に出てくる換金で泣く。
積み込む時は、確かにちゃんと積んだはずなのに、スルーするカードで支払ってしまうわけで。
他の人が交換しているのを見ると、自分もやりたくなるのは仕方なし。

航海が終われば、各自持っているお金を宝箱に。
宝箱は船に積み込むので、積み荷の分が減ってしまうのです。
20コインで宝箱2つになるなら、19コインで1個が良い。
わかっていても、いっぱい欲しくなるのです。

1ラウンド目で勘をつかみ、2ラウンド目は全力。
たくさんの宝箱を抱えて、勝ったのは私。

このわちゃわちゃ感、嫌いじゃないですw
2人・3人・4人で遊んだけれど、プレイ感にはさほど影響なし。
4人だと、気付けば大砲がなくなってたりするので、2人プレイでの積み荷の潤沢さは良い感じ。
船の一部分は衝立がついていて、他の人から見えなくなっているけれど、そもそも他の人の積み荷をチェックしている時間はなし。
注目しているのがカードだけなので、終始自分との戦いでしたw






新品ボードゲームアレスアンボード?! (Alles an Bord?!) 駿河屋