・タッチダウン
 Touch Down!(Happy Baobab:2017)


タッチダウン

自分のトークンを対角のゴールへ運ぶボードゲームです。
いたるさん・メンマさん・トド吉・私の4人でプレイ。

このゲームは、2人もしくは4人で遊ぶもの。
今回は4人なので、2対2のチーム戦です。
牧場タイルを並べ、スタート位置にタッチダウンタイルを置き、その上にトークンを並べます。
4人プレイでは、チームとメンバーを交互に回します。
手番がきたら、3移動ポイントを使って自分のトークンを移動させます。
ルールはこれだけ。
自分の最後のトークンをゴールさせた時、移動ポイントがあまっていればチームメイトのトークンを移動させることが出来て、以後の手番ではチームメイトのコマを移動させていきます。
これを繰り返し、8個の動物トークンすべてをゴールさせたチームが勝者になります。

うん。これはダメだ。
完全なアブストラクトw
かわいい動物のせればいいってものじゃ・・・とぶつぶつ言ってる間にチーム決定。
トド吉・メンマチーム、いたる・ふうかチーム。
いたるさんかわいそう(ぉぃ

負けられない戦いがここに!

あとはもう、ひたすらトークンを動かしていくだけ。
柵を越えるには2移動ポイント。
他のコマを飛び越すには1移動ポイント。
普通に移動するのは1ポイント。
二重柵を飛び越えるには3移動ポイント。
ただし、柵とトークンを同時に飛び越すことは出来ない。

「よっしゃー!目指せゴール!」

無駄に気合がはいっているのは私だけ。
いやだって、本当にアブストラクトは好きじゃないというか。
中盤で考えることを放棄するというか。
でも今日のチームメイトはいたるさんなので、迷惑かけないようがんばらないと。

いたって静かにゲームは進んでいく。
チーム戦の良いところは、あちら側のトークンを足止め出来ること。
その間に、進めそうな個所をどんどん進めていく。
当然のように、中央付近が混線模様。
こうなると、先に動いたら負ける的な空気が流れる。

そんな中、爆進するのがトド吉。
負けてたまるか!
何せ4個ずつ持っているので、自分の中でもやりようはある。
しかも今日は調子がちょっとだけいい。

しかし、ちょっとずつ遅れてくるのが私。
いつも最初だけ調子いいのがアブストラクト。
わかってはいました・・・ええ・・・

少しずつお互いのゴールへ向かいトークンが進む。
こっちを動かすとここが空いて、ここへはいってこられるとこうなって・・・

頭が煮える!

ゴールはどの位置に入ればいいのかとか、相談出来るのがチーム戦の良いところ。
でも決めるのは自分。
文句言わないチームメイトでよかったw

そして、最後の最後は、どう数えても私のトークンが1手番足りないことに気付き、消化試合的に終了。
負けたぁぁぁぁぁぁ!

「えーと、なんかすみません」
「まー、仕方ないっしょ」

動物がかわいいので、優しく遊べるアブストラクトかな。
特に新しいこともないし、同じようなゲームはたくさんあるので、見た目で選ぶかな?という感じ。
残ったのは、悔しさだけでしたw