・ドッペルX
 Doppel X(Schmidt:2017)


ドッペルX

ダイスを箱に投げ込んで、得点を獲得していくゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

箱の底部をテーブル中央に置き、部品をセットします。
各プレイヤーは自分のダイスを1個選び、合図と共に全員一斉にダイスを箱の中に投げ入れてからゲームを始めます。
ダイスは立ち上がって投げ入れるのがルールで、ダイスの投げ方も決まっています。
ダイスが手元にあるプレイヤーは、手番プレイヤーがダイスを振り入れる前に賭けることが出来ます。
手番のプレイヤーは、自分のダイスと白ダイスを同時に、箱の中へ振り入れます。
ぶつかる等で穴に落ちたダイスは持ち主に戻し、そして得点計算をして得点チップを獲得。
この時、プレイエリア上にダイスが残っている持ち主は、全員得点を獲得します。
そして次のプレイヤーの手番に。
これを繰り返し、誰かが規定ポイントに到達したら、その人の勝利でゲームが終了します。

出来るだけ、箱のプレイエリアにダイスを留めるゲーム。
一言で言えばそんな感じ?
でも落ちて戻ってきたとしても、手番の人がどうなるか賭けることで得点にはなる。
今回の目標は4人プレイ50点。

まずは最初のダイス振り。
投げる時は、手が箱の高さをこえてはいけないという決まり。
結果、全員中腰ww
これは高いテーブル欲しいでしょ。
そもそも立ち上がってプレイする決まりなんだし。
テストも兼ねてダイスを投げ入れる。
が、勢いよく箱の外に飛び出るw
これは難しい・・・と、ダイスを回収して手元に。
まぁ、自分の手番までは賭けで得点を獲得すれば問題なし・・・なはず。

「賭けるから待って!」

ダイス振られたら賭けられない。
手番が変わるたび、この瞬間が一番忙しい。
そしてダイスを投げ入れる。

「あ゛ー!」

手番の人だけがっかりで、失敗に賭けていた人は歓喜。

「はい、2点いただきまーす!」

もう流れ作業w
そりゃ、そんな簡単にドッペルX出ないよね。
悔しいので、狙って投げ入れても穴に落ちる。
でもただは落ちない。
他のダイスも道連れ。

賑やかに声が出る中、気付けばゲーム終盤。
賭けて少しずつ稼いでいたのが、かなり影響している。
でも自分が失敗した後って、素早く賭けるのは無理なのよね。

「50点到達!」
「えー!」
「全然稼げてないよー」

ゲームはママの勝利で終了しました。
ダメなものはダメと割り切って、どんどん失敗に賭けつつ、自分はx3とかに留まってくれてると熱い。
実際は落とされてしまうけれどw
ダイスゲームでも、他のダイスにぶつけると言えばストライク。
でも他人の失敗に賭けて得点を獲得出来るところが、攻めてるなぁと思いました。
だって、ついついがんばりすぎて失敗するからw