・ハリネズミのかけっこ
 Das kunterbunte Igelrennen(Schmidt:2017)


ハリネズミのかけっこ

木の実を集めてゴールへ運ぶレースゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

大きなボードにはマス目が描かれ、木には木の実を差し込みます。
各プレイヤーは自分のハリネズミを選び、スタートに置きます。
ゲームはとても簡単で、手番がきたらダイスを振り、出目に従ってハリネズミを動かします。
色の目はその色の木の実を背中に差し込み、その色の木の実を持っている数だけハリネズミを前進させます。
該当の色が木になければ、他のハリネズミから奪うことが出来ます。
花はこの手番が休みで、ハリネズミは1つ前のハリネズミと同じマスまで進みます。
これを繰り返していき、先にゴールした人が勝者になります。
上級ルールでは、花の目は任意の木の実を取れるようになります。

低年齢向けゲームなので、力をいれずにスタート。
でもレース。
そして木の実を取り合う。
力がはいらないわけがないw

最初は木に実があるので、むしろ色の目が出ないとしょんぼり。
木から木の実がなくなると熱い。
何せトド吉ハリネズミの背中から奪える。

「赤!赤!やったー!いただき!」

「黄色!黄色!あ゛ー!」

花が出るとしょんぼり。
でもトップを走っていてハリネズミでもしょんぼり。
どんどんスピードアップしつつ、背中から木の実を取ったり取られたり。
ゴール前で、どっちが何色の目を出すか勝負になり、最後はトド吉がそのままゴール。

悔しいので、今度は上級ルールで。
今度は花が出ても休まなくていい。

序盤は木に実があるのでおとなしく。
木になくなってからが本当の勝負。

最初はカラフルだった背中が、花効果で色が偏っていく。
こうなると一度に3歩移動とか、一気に進むことが出来て、かなり熱い。
余裕だと思っていたら、ハリネズミの目で一気に追いつかれる。
そして木の実を奪われ、追いつき奪い返し、またしてもどんどんスピードアップ。
最後のコーナーを曲がり、どちらが先にゴールするのか状態。

「これ黄色振らないと負ける」

がんばったトド吉が出した目は赤。
その後、私が安定の黄色を出してゴール!
満足w

4才以上だしマス目が少ないので、あっけなく終わるかな?と思ったけれど、レース中は熱い。
特に上級ルールは休みがなくなるので、ものすごくテンポがいい。
ないものは奪えばいいの精神で、大人気ないレース展開も楽しい。
そしてすぐ終わるw
こういうのを一緒に楽しめる面子って大切だなぁと思いました。