・ファーミニ
 Farmini(LOKI:2018)


ファーミニ

カードを並べて農場をつくり、動物やトウモロコシを増やして得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

各プレイヤーは、スタートとなる囲いカードを自分の前に置き、自分の農場にします。
カードには柵やトウモロコシ、水飲み場、動物が描かれています。
囲いカードを裏向きでよく混ぜて山にし、4枚をめくって並べます。
手番がきたら、表向きのカード4枚から1枚を選に、カード山から1枚めくって4枚にします。
その後、選んだカードを自分の農場に置いたら手番終了です。
補充の時に狼が出たら、一時ゲームを中断し、閉じた囲いにいない動物を箱に戻します。
柵カードはすでに配置してある柵カードに隣接、柵がつながるように配置。
動物カードなら、ストックから動物を取り、水飲み場に配置。
これを繰り返し、カード山がなくなり、選択出来るカードがなくなったらゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

SPONSORED LINK

スタートカードは四方に柵があるし、水飲み場もトウモロコシも描かれています。
これで最初に動物を選ぶことが可能。
でも狼が出てきたら、きれいに囲われていない場所にいる動物は食べられてしまうのです。
囲った動物やトウモロコシは、最後に1つ1点。
ちなみに、トウモロコシと動物を一緒に囲ってしまうと、動物に食べられてしまってトウモロコシは0点にw
4枚から1枚を選んで配置していくんだから簡単。

最初は柵で囲うか、水飲み場を増やす作戦。
こういうゲームは、囲える時に囲っておかないと後で泣きを見る。
ところが、カードに描かれている柵は、2分割が多い。
というより、お互い取らないからそれが残る。
カードの引きで4分割や3分割が出てくるか、そこにすべてをかける。
そして、動物登場。

「いえーい!ブタいいね、ブタ」

カードを取って、ブタを水飲み場に配置。
ヴァリエーションルールだと、1つの囲いに1種類の動物だったら得点が倍。
今回は普通のルールなので倍にはならない。
トド吉は黙々と農場を広げていく。
私はといえば、時にはトウモロコシも囲いつつ、少しずつ農場を広げていく。

先に動物を囲って優越感に浸っていたら、トド吉の時に動物が出てくる。
むむ・・・
そして狼登場。
囲われていないトド吉のブタが食べられちゃった!

「あぁ・・・おれのブタ・・・」

他の人の動物が消えていくのは楽しい。
そして、囲いを早めにつくっておくの重要w

ゲームは自分の農場との戦いなので、黙々と進んでいく。
狼が出た時に盛り上がる感じ。
しかも、狼は1種類の動物に対して1匹だと思っていたトド吉。
再び出てきた時には悲鳴。

「えー!1回じゃないのー!?」

なぜ1回だと思っていたのかw
そこからは柵の取り合い。
私はいい感じの柵が回ってこないので、広大な農場つくりに精を出す。
でもこれじゃ得点が伸びない。
そして、何となくこじんまりとした農場が完成。
見ればトド吉は、動物をいっぱい囲って広々と農場をつくっていた。
当然のようにトド吉の勝利。

カード配置はついつい静かに遊びがち。
自分の農場をどうつくっていくか、そこはカード次第のところが強い。
2人だとお互いいらないカードが残っているから余計に。
つまらなくなりそうなところを狼でアクセントを加えているのはいいね。
おかげで早く囲わなきゃいけない衝動にかられ、狭い農場で得点が低くなるというのを学びましたw






新品ボードゲームファーミニ (Farmini) 駿河屋