・ドロップイット
 Drop It(Kosmos:2018)


ドロップイット

条件に合うようにコマを差し込んで、得点を獲得していくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

プレイボードを組み立ててテーブル中央に置きます。
各プレイヤーは自分の色を決め、その色のすべてのコマを受け取ります。
手番がきたら、自分のコマ1つをプレイボードに入れます。
全員でルール違反をしていないか確認し、得点ボードのコマを進めます。
そして、次の人の手番へ。
これを繰り返し、すべてのプレイヤーがすべてのコマを入れ、得点計算をしたらゲーム終了。
もっとも得点の高い人が勝者になります。

透明のボードの間にコマを落としていく。
同じ色や同じ形が接してはダメだし、場所によっては得点にならない場所もある。
いかに狙いをつけてコマを落とす・・・

「あ゛!」

すでに入ってるコマにあたって、予期せぬ場所へいってしまうのはよくあること・・・
そして、行っちゃだめな方向へ寄ってしまい0点とか・・・

「ま、でも序盤は得点も少ないし」

「後半の高得点ゾーンがあるし」

負け惜しみにも似たようなことを言いながら、コマを入れては悲鳴をあげるw
しかもいける!と思って入れた後で、同じ形だったことに気付くとか。
そんな私が歓喜の声をあげたのがこちら。
ドロップイット
「これ神じゃない?」
「え?なんでここで止まるの?」
「何かの力?」
「ないわー」

うん。自分でもここまで上手くいくとは思ってなかった。
これで気分を良くした私は、そのままぶっちぎりで勝利。
いやー・・・うれしいw

序盤の小さい得点なんてどうでもいいほど、後半はバブル状態。
うまく出来れば一発逆転もあり得るのです。
まぁ、今回はトド吉がそのチャンスを逃していたんだけどw
こういうパズル的なゲームなら、アクション性もあって大好きです。

そして4人でも遊びました。
4人だと自分の手番までが待ち遠しい。
あと、途中で黄緑の三角が引っかかる事案発生。
ドロップイット
ルール的には問題ないということで、このまま続行しましたが、妙な空間があるのはそのせいです。





新品ボードゲームドロップイット (Drop It) 駿河屋