・クラスク
 KLASK(Klask ApS:2014)


クラスク

ボールを相手ゴールに入れるのを目指すゲームです。
トド吉とプレイ。

木製の大きなボードはすでに組立っている状態。
対面で座って自分のストライカーと操作マグネットをセットし、白のマグネットを所定の位置にセットします。
遊び方は、ボード下の操作マグネットを動かして、オレンジ色のボールを打っていくだけ。
相手のゴールに入れば1点、途中で白いマグネットがストライカーに2個ついてしまうと相手に1点。
オウンゴールはもちろん相手に1点が入ります。
自分のストライカーを自分のゴールに誤って入れてしまっても相手に1点、ストライカーが制御不能になって元に戻らなくても相手に1点です。
得点が入ったら、ボード横の得点ディスクを動かし、失点したほうが最初にボールを打ってキックオフです。
先に6点獲得したほうの勝利で、ゲームが終了します。

こういうアクションゲームが楽しくないはずがない。
むしろ、見た瞬間どんなゲームかわかる良さ。
人をあまり選ばないところも良い。

ということで、トド吉と対戦。
以前、すごろくやの店頭でお試しさせてもらったんですが、通販対応ということでやっと我が家にきましたw

「いざ勝負!」

ボールが打たれる音が響く中、夢中になりすぎて「ピシャッ」。

「あー!それ失敗!」

自分のゴールにストライカーがはいった音。
これは相手に1点がはいってしまうやつ。
音ですぐわかってしまうのでごまかしようがないのと、この音がクラスクらしいです。

そんな失敗はどうでもいいほど、その後連続でゴールを決める。
時にはオレンジのボールに押されて、白いマグネットも飛んでいき、トド吉のストライカーにカチッっと。

クラスク
「あー!なんかくっついてる!」
「へっへっへ」

ラリーになると、どんどん口数が減っていき、ストライカーがボールを打つ音だけが響きます。
顔からも笑顔が消えるほど真剣。
どんだけ本気なのかとw

連続ゴールの後は連続失敗などで、得点は僅差。
それでも最後はゴールを押し切って私の勝利。


「おりゃー!勝ったー!」
「ぐぬぬぬ・・・」

そして、疲労におそわれる2人w
でも楽しいね。

以前は店頭販売のみ。
電車で持ち帰るには大きいなぁと躊躇していたところ、通販でも販売がはじまったので入手。
マグネット式のストライカーを動かして相手ゴールを目指す、エアホッケーのような感じ。
おもしろさは保証されているあれですw
ゲーム会の時に、空いているテーブルに出しておけば、時間が空いた時に遊べて重宝します。
ただし、ほどほどの大きさだけど、持ち歩くにはちょっと無理があるかな。
6点先取にしなくても、3点先取の短時間ゲームも白熱して面白いですw