・モンスターマイスター
 Monster Meister(Zoch:2018)


モンスターマイスター

自分のモンスターを取り除いていくカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

各プレイヤーは、自分のモンスターカードセットを受け取り、裏向きでよく混ぜて自分の前に並べます。
迷子カードと指令カードをそれぞれよく混ぜ、裏向きの山にしておきます。
ゲームは、全員同時にプレイしていきます。
指令カードの一番上をめくり、指定枚数の自分のモンスターカードをめくります。
早さは関係ありません。
全員が終えたら獲得したポイントを計算し、もっともポイントが高かった人は、めくったモンスターカードから1枚を選び、迷子カードの下に入れます。
もっともポイントが低かった人は、迷子カードを1枚受け取り、自分の前に並べます。
モンスターカードをすべて裏向きに戻したら、次の指令カードをめくってゲームを続けます。
これを繰り返し、10枚の指令カードを終えたらゲーム終了。
自分のモンスターカードをもっとも減らせた人が勝者になります。

SPONSORED LINK

自分の前に16枚のカードを並べてふと思う。
最初は誰もどれがどこに並んでいるのか知らないよね、と。
遊んでいるうちに、何がどこにあるのか覚えていくタイプ。

まずは指定カードをめくる。
今回の指令は、モンスターの色別になっている。
最初はえいやーでめくる。

セーフ!

まためくる。

セーフ!

まだめくれるのでめくってみたけれどアウト!
指令によるとトド吉のほうがポイントが多いので、トド吉は自分のカードを1枚山にいれ、私は迷子カードを受け取る。
めくれる枚数も指令によって違うから、出来るだけ覚えておかないと。
よーく覚えて、そっと列に加える。

・・・覚えてられないよ!

いくつか指令が終わるまでは、正直さっぱりわからない。
あったはずという記憶も曖昧だし、色と目玉の数があるので覚えきれない。
でもゲームが進めば何となく覚えているもの。
序盤では迷子カードを連続で受け取っていたけれど、そうはいかない。

(赤がポイント高い。赤はさっきここにあったぞ・・・)

何せめくれる枚数は決まっているので、節約しなきゃいけない。
目玉の数競争なら、目玉が4つあるモンスターだけ覚えておけばいい。
連続でトド吉に迷子カードを受け取らせ、順調になってきた頃に油断する。
もうお約束w

覚えきれない悲鳴が飛び交う中、最後の指令カード。
指令には特殊なものがあり、指定条件を順にめくっていくタイプも。
ここでミスすると、割にショックw

そして10枚の指令が完了し、いざ残ったカード枚数確認。
なんと同じ枚数。
ならば!と、カード裏面関係なく、モンスターの数を数える。
ダブルのモンスターは早々に処分していたかいもあり、こちらは私の勝利。

覚えていそうで覚えていない。
色ばかり気にしていたら、目玉の数を指定される。
わざと混乱するルールになっているし、完璧に覚える頃にはゲームが終わる。
さっと出して遊ぶにはいいかな?と思ったけれど、意外に頭が疲れましたw