・カーン・オブ・カーンズ
 Khan of Khans(Chaosium:2017)


カーン・オブ・カーンズ

部族長となり、乳牛を集めていくカードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

テーブル中央に周辺地図を置き、地域カードを地域ごとに分けて裏向きでよく混ぜ、周辺地図の絵柄が対応する場所に山にして置きます。
各プレイヤーは、ランダムで選んだカーンシートとプレイ人数に応じた囲いタイルを受け取ります。
手番がきたら、地域への遠征・乳牛の囲い込み・祝福の適用・能力の使用の4種類から1つを選んで実行するだけ。
そして次の人の手番になります。
これを繰り返し、全地域の山札が尽きプレイされたらゲーム終了。
乳牛を頭数を数え、もっとも大きい人が勝者になります。

「テーマがグローランサなんだよね」
「ほう!」
「何・・・それ・・・」

2人がテーマで盛り上がっている横で、何の話かわからない私が1人。
ウシをいっぱい確保ゲームという認識で合ってる(はず)。

アクションは4種類あるけれど、そのほとんどが遠征。
基本的には、好きなカード山を選んでカードをめくっていくだけ。
結果はもちろん、めくったカード次第。
たいていは、めくったカードにウシが描かれていれば、自分の牧草地に置く。
カードの中には、群れが暴走してカードを捨てさせられたり、他の人からウシを奪ったり、自分の牧草地にいるウシすべてを失ったり、守ったり。
ある程度ウシが牧草地に集まってきたら、持っている囲いタイルを使うことでウシを確保出来る。
これもアクション。
そして、遠征中にも使えるし、とっておいて後でも使えるのがウシ強奪。
あとはプレイヤーの特殊能力。
この4つのアクションをやるだけなので早い。
だから展開も早いし、まさに一喜一憂状態。

「ここにする!セーフ!」

「これだ!うわー逃げられた!」

「戦士か・・・まぁ守ってもらえるからいいか」

ウシはカードによって数値が違うので、うっかり100を引いてしまうとドキドキ。
奪われる前に、暴走する前に、何とか囲い込みたい。
そのあたりが静かなチキンレース。
当然狙われるわけで。

終盤になると、ここの山にはまだウシが残っていたかどうか、囲いタイルは残っているか、他の人を気にし出す。
早々に囲いタイルを使い切ってしまったけれど、もう少し待ってもよかったかなぁ。
でも、そういう時に限ってよくないカードを引くのでいいか。
そんなことを考えながら、ひたすら坊主めくり状態。
そして全地域のカードが尽きてゲーム終了。
すべてのウシを数えて、勝ったのは私。

テーマというか舞台設定はまったく知らないけれど、かなり盛り上がりました。
ルールも簡単だし、引き運が物をいうかと思ったけれど、重要なカードが引かれたかで選択肢があるし。
プレイ時間も長くないので、わーっと盛り上がり、楽しいまま終わった感じでした。