・ロックザボック
 Rock the Bock(Zoch:2018)


ロックザボック

出来るだけ多くの動物をフェスに参加させるカードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

動物カードをよく混ぜて各プレイヤーに配り、配られたカードの中から不要だと思うカードを捨てて残りを手札とします。
そして定員カードをめくり、今回招待されている動物と数を確認します。
ゲームは3つのステップで、動物たちをフェスに参加させます。
まずは最初のステップで、手札から1枚選んで裏向きに出し、一斉に公開。
次のステップでは、さらに2枚のカードを裏向きに出し、一斉に公開します。
この時、動物カードだけではなく、特殊カードを出すことも可能です。
最後のステップではカードの決算をし、誰が入口へ進んだのかをチェックし、入口へ進めなかった動物カードは避けます。
すべてのプレイヤーの手札が3枚以上であれば、新しい定員カードをめくって次のラウンドへ。
誰かの手札が3枚未満なら、獲得した動物カードの得点を計算してメモします。
再び手札を配るところからゲームをはじめます。
得点を3回記録したらゲーム終了で、もっとも得点の高い人が勝者になります。

動物カードには数字が書いてあり、これがその動物の頭数。
2回のカード出しが定員内におさまれば、得点化出来る可能性が出てくるのです。
まずは配られたカードを見て、これはいらないだろうというカードを2枚捨てる。
6人プレイの場合は、1枚しか捨てません。
残したカードと特殊カードを持って、いざ自分の動物を送り込むのです。

めくられた定員カードを見て愕然とする。
馬が0。
そう・・・今回、馬は入場出来ないのです。
こういう時のためにVIPがあるけれど、1回目で馬を出したら、2回目でVIPを出すのは見えてるわけで。
うん。他の動物にしておこう。

(ブタはたくさん入れるようだし、ここはブタにしておくか・・・)

全員が1枚選んで出したら、一斉にオープン。
まぁ、ブタ多いよねw
この結果を見て考え、2回目では2枚。
馬をVIPで通すか、むしろブタを増やすか、他の動物にしておくか。

(今、馬が0なら後でいっぱい入れるんじゃないかな・・・?)

この考えは危険だったw
何せ、手札の減り方が人によって違う。
後でなんて考えていたら、そのままゲームが終わってしまう。
そのことに気付いていなかったので、とりあえず安全な動物を出しておく。
他に出してる人がいなければ、得点にはなるでしょう的な。
みんな同じこと考えるんだけどね!

定員カードを見ながら、どの動物がとりあえず入口に行けたのかチェック。
入口に進めるのは、ある意味最初のチェックポイントで、ここを通らないと得点には結びつかない。
これは各動物ごとに見ていくのです。

「1番多いかな?んじゃ参加」
「うわー2番か。じゃ裏返し」
「3番は0じゃん!」

3位はダメなのです。
2位は強制2ポイントなので、1のカードだったらお得感。
でも3位は、手札に戻るだけ。
これが、やっぱごめん!で返されちゃうやつかー!(何

とまぁ、こんな感じで進んでいき、次第に手札枚数が違ってくるので、誰かが3枚未満になったら得点計算。
得点をメモしたら、動物カードを全部集めて配りなおすところから。
最初こそ遠慮していた簡易トイレやVIP。
貪欲に使っていかないと、本当に悲しい得点しかはいってこない。
というか、使い捨てなのは闇市だけなので、もっと使っていかないとダメだ。
そんなこともあり、やたらとVIP競争が激化してくる。
そもそもVIP席だって限りがあるので、うまくすり抜けて通常入場してもいいわけで。
通常入場した挙句、VIP席のほうが数字が大きかったら、結局戻されるけど。

何とも上手くいかないロックフェスの席争いは、トド吉の勝利で終了。
カードのイラストを見た時は、まさかこういう二段構えで熱いゲームだとは思わなかった。
定員を気にしてカードを出したはずが、定員内におさまっていたのに3位で戻ってくるとは。
こういう仕掛けっぽいのがあると夢中になりすぎて静かになりがちだけど、遊んでいて楽しいね。
自分なりの大きい数字でがんばったのに、フェスに参加してみたら2位で裏返して2点なんて、悲鳴をあげるしかないですw